プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2019年03月04日

国際認定マインドフルネス受講体験

国際認定マインドフルネス受講体験

国際認定マインドフルネス受講。

ベンチャー企業の立ち上げで奮闘していた30代。
そのころ独自で考えたベンチャールールがあった。

ベンチャーはスピードを味方につけて闘う。

スピードを追求するため、正しい情報の
入手がカギになる。

メンバーからの情報、クライアントからの情報は個人的な意図がない
素の情報がほしいのだが、なかなか手に入れることは難しい。

そのためにいろいろとベンチャー企業で有効な仕組みを考え出していったり
日々試行錯誤をくりかえした。


しかし・・・、もっと早く手に入れる方法があったことを知ることとなる。

それは・・・・

『NLPプラクティショナー』受講で知る

受講してショックを受けた。

すでに、いままで苦労して考え出した、事業推進に必要な大部分が体系だてて存在していたからだ。

経験を積むころでしか、理解できないこともあるので一概に言えないが、
企業立ち上げ、メンバーのマネジメントでは有効なメソッドであった。

その後、『NLPマスター』を受講し、

今回『国際認定マインドフルネス』を受講した。

マインドフルネスはいろいろな団体や組織が展開しており、
注目されてきているが、今回の国際認定マインドフルネスははじめて日本に入ってきたプログラム。

おそらく、プログラムの内容はもちろんだが、ファシリテーターの能力と参加者自身の影響で理解のスピードと
気づきのあり方が違うように思います。

修行が関わっている「マインドワークス」でも

『心理ワーク×コミュニティー×ビジネス』

という、ただの学習だけにとどめない、能力開発と実践の場を創造することに
なります。

経営者と心理カウンセラー、ワークは真逆のポジションに存在しているように思う。


仕事柄、教育、人材開発にかかわるので、

「いっそのこと経営者のために自分がモルモットになる」

と心理ワークを体験し、理解を深めていった。


元から興味があったわけではない。

だからこそ、中立の立場で判断できる、とおもう。


いま受講中の『国際認定マインドフルネス』では、
理解していたと思っていたものが少し角度が違っていることを発見したりする。

そのわずかな「ずれ」が、非常に大きな違いであったことに気づく。


マインドワークスでも5月から始まる

「国際認定マインドフルネス」

の受講と相互成長コミュニティー運営とビジネス実践場の提供を進めます。

興味のある方や詳細をお知りになりたい方は、
mindworksmaster@gmail.com

へメールください。




Posted by 株式会社ジェイブレイン at 10:01│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。