プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2017年03月24日

プロフェッショナルストラテジー 特別解説 vol.2




経営者になると決めたのはいいが、どうやって経営者になればいいのかわからなかった。

なぜか、知力、体力、精神力はなければならないと思い、その力をつけるために努力してきた。

紆余曲折あり、
人間は、資質×環境で変化できることを知った。

ほとんどの人が、「資質」があるのかないのかわからない。
自己肯定感が低いと自分には「資質」がないと思い込んで、あきらめてしまうことが
ほとんど。

自分も例外ではなかったと思う。

しかし、どうしても経営者になるためにはどうすればいいのか考えた結果、
人の資質にはあまり差がないと思わなければ次のステージに進めないと思うにいたる。
そこで、人の資質にはあまり差がないということを理解しなければならないと思った。

可視化できてわかりやすいことはなにか、理解できることは何かと考えた結果、
「水に浮く能力はほとんどの人の場合は同じ」ではないか、というところにいたる。

ひとの「資質」というのは何やらわかっているようで
わかっていないようなもの。
それをひとつの切り口ではあるが理解できた。

自分の能力も同じであるということを納得するために。

水に浮く能力はほとんどの人が持っている。

次に、「環境」をかんがえてみた。

プールで泳ぐことと海で泳ぐこと。

同じ泳ぐという行為だが、環境が変わると勝手が変わる。

プールで泳ぐことは、危険が少ない。
監視員はいる。
水質は管理されている。
波はない。
などなど

一方、海で泳ぐこと。それも沖の海で泳ぐこと。
監視員はいない。
波はある。
足がつかない。
※浮力はある。

この二つの環境の中で泳ぐとどのような結果になるか考えてみた。

海で泳ぐと、環境対応できると精神的、体力的にも安定できる。
いきなり、海に放り出されるとパニックでおぼれることもある。

海に身を任せて、力を抜いてみると自然と体は浮くし
案外平気なものである。

海で泳げた人は、プールで泳ぐことは平気になる。
一方、プールで泳いだ人は、必ずしも海で泳げるとは限らない。


自分の能力、潜在力(ポテンシャル)を信じて、様々な環境に飛び込んで
いくことで、人はさらに変化進化していく。




人生のターニングポイントのためのセミナー、プロになるためのセミナー企画中。
特別にインターン生に講義をしながら、コンテンツ整理しています。


プロフェッショナル・ストラテジー―生き残るためにはプロになれ!

※インターン希望
セミナー参加希望
の方はメールください。
info@jbholds.co.jp
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 10:43│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。