プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2015年08月12日

インターンシップ学生 登場!

インターンシップ学生 登場!





インターンシップ生が来た。
一日一緒に動いてみたら
最近の学生について考えるキッカケになる。

結構多いのが、
自分の感情の中での恐れや不安があり、失敗を恐れて行動できない学生が多い、ということ。


学生たちの思考パターンをひも解いてみた。

よくある学生の思考パターン
失敗したらどうする?⇒失敗するかもしれない⇒(自己防衛本能の働き)⇒合理化や回避など⇒挑戦しない

このようなパターンになっているようだ。


突然変異して、ある日能力が開発されること。
これは、おそらく奇跡がないとおこらない。


一方
成功する人たちの共通のこと。
行動⇒失敗や成功⇒新しい経験値⇒自分のあり方や生き方や価値観の再確認⇒工夫や仮設⇒行動⇒検証⇒・・・



自転車に初めてのることにトライした時のことを思い出してみましょう。

自転車に乗る⇒こける⇒痛い

何度もトライしてもなかなか乗ることができない⇒いやになる。

このような経験をしたことがあるはずです。


しかし、なぜか乗ることができるようになりました。

そのアプローチを考えてみましょう。

1:何度もトライして悔しい思いをしながらも、やっとできるようになった。

2:親に協力してもらい、教えてもらいながら、やっとできるようになった。

3:同級生が簡単に乗りこなしているのをみて、悔しさと恥ずかしさで、やっとできるようになった。


それぞれのアプローチは違いますが、結果の「自転車に乗る」は同じです。

自分の個性や環境に合わせて成果をつかみ取るために何をすべきか?はいくつもの
手段や方法があります。

いづれにしても、行動は必要です。
ある日いきなり自転車に乗ることができるようにはなりません。

1:自発的ポジティブアプローチ

2:中間的な環境適応アプローチ

3:消極的ネガティブアプローチ

どのアプローチがいいとか悪いとかの評価はありません。
結果が出たかどうかが重要。その体験が自己肯定力を上げていく
ことにつながります。



Posted by 株式会社ジェイブレイン at 13:20│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。