プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2013年07月21日

野中郁次郎さんの講演から学ぶ















『失敗の本質』の著者の一人である
野中郁次郎さんの講演から学ぶ。

組織やリーダtーシップに関する話を伺った


ライブでお聞きするとやはり迫力が違う。

講演でのポイントをちょっと整理してみました。

・顧客になりきり(共同化)、
・その本質を考えぬき(表出化)、
・体系化し(連結化)、
・コトにする(内面化)。



│共同化 = 気付きが起こる
│表出化 = 言語化していく
│連結化 = スペックに落とす、分析する
│内面化 = 実践を通じて言葉を形に

この展開を高速で回すと
実践型で強くしたたかなイノベーションを起こす
組織を実現できる。


これkらのリーダーの形は・・・・
フロネシス。フロネティックリーダー。

フロネシスというのは、賢人の思慮、賢慮のこと。
個別のその都度の状況とコンテキストの只中で、最善の判断・行為ができる。
これが実践知。

フロネシスは、個別具体な、万物流転の中で最善のジャッジメントをする。
単なる経験ではなく、哲学が重要になる。実践のみならず教養が必要。


リーダーシップの6つの能力。

1.「よい」目的を作る能力

2.場をタイムリーに作る能力

3.ありのままの現実を直観する能力

4.直観の本質を概念に変換する能力

5.概念を実現する能力

6.実践知を組織化する能力


現実を直視して本質をつかみだし、本質を概念化していく。
関係性を変えていく。


どうしたらそういうリーダーになれるのか?
机上の空論に強いクラスルームエリートではなく
修羅場に強がいバトルフィールドエリートが必要になってくる。

修羅場経験のあるリーダーは少ない。
リーダーには、困難を乗り越えた経験や失敗した経験が必要。
リーマンショック、震災を経験して乗り越えることができた
リーダーは、修羅場を経験したといえる。

最後に経営者というのは

『知的体育会系』

である、という言葉は響いた。

やはりビジネス界でのベースは

『体育会』?

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 18:43│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。