プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2017年04月25日

2)のら猫クロッチ《縁起》×ジェイブレインコラボ@日本橋三越本店 5月3日〜14日




アウトサイダーアーティスト佐藤さんによる「クロッチペン立て」と「マグネットクロッチ」が
出来上がりました。


5月3日から始まる日本橋三越本店の猫展において

アウトサイダーアーティストの佐藤さんがのら猫クロッチから受けたインスピレーションを

独自の世界観で仕上げた陶器作品を限定販売いたします。


初めての試みですが、今後アーティストの支援をしたいとの思いと同じ志の仲間との
接点が今回の展示実現に至りました。

日本橋三越に出かけてみてください。

マグネットクロッチ










































クロッチペン立て













※30個の限定販売です。
(マグネットクロッチ1000円、クロッチペン立て2800円)

  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 12:16Comments(0)

2017年04月24日

ご案内1)のら猫クロッチ《縁起》×ジェイブレインコラボ@日本橋三越本店 5月3日〜14日







のら猫クロッチ《縁起》日本橋三越本店 5月3日〜14日

のら猫クロッチブログから


日本橋三越本店全館が、猫たちでいっぱいになるお祭りです。

のら猫クロッチ《縁起》の面白さは、毎回、ご縁ができた仲間と〆(しめ)た商品やサービスが増えていくことです。今回も多彩な新商品・サービスを発表します。

まず、3つのイベントをご案内します。

(1)クロッチ物語のラジオドラマ風朗読でおなじみ、鈴木万由香さんによるハーバル猫せっけんづくり(初日5月3日、9日、13日 11時〜、13時30分〜 参加費:3500円)

(2)クロッチのラインスタンプで活躍している、田畑伴和さんによる似顔絵(5月3日、11日、12日 11時30分〜15時30分 参加費:3000円〜)

(3)ジャンボ着ぐるみクロッチ in 日本橋三越
(初日5月3日、6日、7日、13日、14日 13時〜、15時〜)


のら猫クロッチブログ
http://krocchi.exblog.jp/


野良猫クロッチ
http://krocchi.com/  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 21:59Comments(0)

2017年04月11日

育成プログラムプロジェクト視察3~VentureWorkPlace






育成プログラムプロジェクト視察3~VentureWorkPlace


食後のワークタイム。

今回修行のパートナーでその道のプロフェッショナルの方々と
コラボプロジェクト進めるために視察に来たので
それぞれのショートワークを体験することにしました。

エニアグラムワーク
https://youtu.be/gxGtAKR4rf4

ちなみにトライアルワーク「エニアグラム・コミュニケーション・ワーク」を4月22日11:00~
お茶の水会場で開催します。
参加希望の方はメールください。
→詳細はこちら。
http://e075.dgblog.dreamgate.gr.jp/e123670.html


心理ワーク
NLPを使ったショートプログラムワーク




フェイスペインティングワーク
メーカーとタイアップして、新しい商品をつくりました。
その試作品を使ってワークしています。
https://youtu.be/uXF86nm4jRI




クロネコクロッチのプレゼン
クロッチというクロネコキャラクターが世直しに動きます。
https://youtu.be/5UajuNJqCZ0


深夜まで語り、24:00になったので就寝。


翌日、ありがたいお話をまたお聞きしたのちに、朝食を準備し
おいしくいただきました。



最後に山菜摘みの風景を
おまけに。
軽トラの荷台に乗っていざ山菜摘みへ







  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 17:04Comments(0)

2017年04月11日

育成プログラムプロジェクト視察2~VentureWorkPlace



育成プログラムプロジェクト視察2~VentureWorkPlace

続き

野草&調理体験ワーク

摘んだ野生の野草を料理する。



食材




これらを調理したのがこちら。
どれも癖がなく、野草かと思うくらいに絶品です。
さすがプロの調理班の腕ですね。


ヨモギの天ぷら



イタドリの酢漬け。




~豆知識~
イタドリ(wikpedia)
若い茎は柔らかく、春頃の新芽は(タケノコのような姿のもの)を採取し、皮をむいて山菜として食用になる(米沢藩藩士莅戸善政が編纂した『かてもの』でも、食べられる野草として紹介されている)。生でも食べられ、かつては子供が道草途中に囓っていた。有機酸を多く含むために酸味があるが、シュウ酸も含むために多少のえぐみもあり、そのまま大量摂取すると健康への悪影響も考えられる[2]。そのため、山菜として本格的に利用するときには茹でて水にさらすことであく抜きをするが、そうするとさわやかな酸味も失われてしまう。高知県では、苦汁や苦汁成分を含んだあら塩で揉む。こうすると、苦汁に含まれるマグネシウムイオンとシュウ酸イオンが結合し、不溶性のシュウ酸マグネシウムとなる。その結果、シュウ酸以外の有機酸は残したままシュウ酸だけを除去できる。

高知県では「イタズリ」とも称され、皮を剥ぎ、塩もみをして炒め、砂糖、醤油、酒、みりん、ごま油等で味付けし、鰹節を振りかける等の調理法で食べられている。和歌山県では「ゴンパチ」、兵庫県南但では「だんじ」ともそれぞれ称され、食用にする。新芽を湯がいて冷水に晒し、麺つゆと一味唐辛子の出汁に半日ほど漬け、ジュンサイのようなツルツルとした食感がある。秋田県では「さしぼ」とも称され、水煮にして味噌汁の具に使ったりする。岡山県では「さいじんこ」、「しゃじなっぽ」などとも称される。
イタドリ新芽画像がこちら


~~~~~


夕食風景



夕食後
ワークに入ります。

つづく

  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 08:02Comments(0)

2017年04月10日

育成プログラムプロジェクト視察1~VentureWorkPlace





プロジェクトのための視察ツアー

プロジェクトレベル~ステージ0(ゼロ)
(ステージ0は、「思い」×「プロフェッショナル」でスタートする
ある意味、厳選されたメンバーでのスタートアッププロジェクト。)

親子ワーク、人間力教育、就活支援、自分発見プログラム、プロフェッショナル育成、社会復帰プログラム
リーダーシップ教育、食育、ヘルスケアプログラム、特別テクニカルワーク・・・
などなどその道のプロフェッショナルでフィールドの視察とトライアルワークの実施のために
1泊2日で静岡某所に14名のメンバーと行ってまいりました。
2台の車で静岡某所まで向かったのでした。

事前に決めていたワークは、
1:自生している野生の野草を積んで料理をする。
2:ドローンによる空撮
3:プロフェッショナルによるトライアルワーク
4:プロジェクトブレインとのミーティング
5:フィールドの視察
6:楽器をつくる
7:フェイスペインティングワーク
8:キャンプファイヤー
9:自作楽器でのセッション
でした。

しかし、当日はあいにくの雨。
東京を出るときには降水確率80%。

昼過ぎに某所へ到着。
今まで降っていた雨が一瞬上がったので
早速山菜を摘みに出かけます。



「うぉーすげー。ディズニーのアトラクションよりスゲー」
https://youtu.be/dC7WWkwqEM4


小学生の男子2名が軽トラが発進したら
声を張り上げていました。

(実は、全員が心の中でさけんでいた)

Kさんに山菜の取り方ワンポイントアドバイスを受けて
個々山菜を取り始めました。

山菜とり風景
これは菜の花。
https://youtu.be/oaY8-7wgbeo


今の年齢で山菜を取る経験はなかなかなく
たかが山菜と思っていたが、結構サバイバル感を感じた。

自然に植生している山菜を摘むという、なにげないことに思える
こともいざ実際にやってみると非日常の未知の体験になった。

山菜を摘み終わると雨が降り始めてきたので
宿舎に戻り、この山の所有者でもあり修行のブレインでもあるK氏に
講義を受けました。
相変わらず、ずばぬけた発想、スケールの大きさ、ロジカルな未来予測力、国内外の国家レベルでの
ネットワークから繰り広げられる講義には刺激を受けます。

つづく・・




プロジェクトに興味のある方は
info@jbholds.co.jp
にメールください。



  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 17:34Comments(0)