プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2013年10月17日

ベンチャー起業・再生物語 Vol.4
















『円満退社の条件って・・・』



RC(リクルートグループ)の大先輩とビジネスのコラボミーティングをすることになった。

関東圏のある事業に特化したアウトソーシング事業の立ち上げである。


そのミーティングの際に

心にひかかっていることが解消できる話があったのでシェアします。




その先輩は、

実力をつけるためにある会社の社長について

力をつけることにした。


3年たって独立起業ができる実力をつけた。


同じ時期に一緒に働いている同僚から


『全国展開できるクライアントの仕事を

請け負って新しい会社を立ち上げることになるから

一緒に参加しないか?』



という誘いを受けたそうだ。

その誘いに乗れば、大きなクライアントをバックに

売り上げを確保でき、起業も順調に進むことは明らかだった。

しかしその先輩は、

『自分を育ててくれた会社を裏切ることはできない。

自分に機会をくれた社長には感謝しているので

それを裏切ることはスジをはずすことになる。』


しかも
『おそらく、裏切ることを平然と自分のエゴのために
できる人は、同じことを受けてしまうことになる。』


その誘いは断り、機が熟したことで
社長にスジを通し独立起業をすることにした。

退職して起業準備を始める日、
社長から呼ばれて社長室に行ってみると
機材や車やインフラ一式を社長からプレゼントされた。

『これがあると初めの負担が少なくて済むだろ。頑張れよ!』

とその時社長が言ったそうだ。


今でもそのお世話になった社長の領域は手を付けずに
独自の領域だけで闘ってきた。




『いた会社と仕事ができること、
それが円満退社の条件だよね。』と



懇意にしている実業家の方々は

前職をどういった理由で辞めたかを気にする。

ちゃんとスジを通していく人と

法律に沿っているから大丈夫、と人心を無視して動く人とでは

その後の成長の仕方が変わってくる。


やはりRCの方々は、そのような方々が多い。

だから、今でも大きく成長していけるし

信頼厚くビジネス展開している、のだろう。



自分を振り返ってみると
RグループともGグループとも
仕事をしているので一安心。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 19:42Comments(0)