プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2011年04月29日

敵と味方

敵と味方


どんな状態でも究極の味方同士という関係を
築いてみようと思いました。

環境が厳しくなり、自分に都合が悪くなって
いとも簡単に裏切り行為を働く。
敵対行動をとれはそれは「敵」を表明したも同じ。
味方は守るが、敵は守る義務もない。


昔であれば、敵は徹底的につぶす、ということが常套手段だったが
これからは同じ日本人同士ちょっと仲良くしようと思う。



これからは本物同士が連合を組んでさらに高みを目指すという
いうことが加速します。

ここで問題なのが「本物」かどうか?を見抜くこと。
ここでいう本物とは
① ビジョンがあり、②自らで挑戦し、③成果を上げることができる、ひと。

この①、②、③がそろっていると完璧ですが
なかなかそのような方もいないと思いますので
いずれかでよいと思います。

  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:00Comments(1)