プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2010年08月30日

就職活動中の学生支援 Vol.3


















   就職活動中の学生支援 Vol.3


よく夢がないという話を聞く。

自分で考える、周りの評価を気にしない、自分が描いたもの。
それが自分の夢でありビジョンである。

就活しない就職
http://jpro.info/

機会がある人だけに徹底的に伝授しようと決めた。


そういえばちょっと前の話になるが

養護施設で講演をした。

意識的に起業家輩出できればと思い、
夜の19:00から21:00くらいまで。

その中で小学校4年生の子が

「僕ね、夢がないんだよ。どうしたらいい?
どうしたら夢をみつけることができる?」

さらにつづけて

「僕のお母さんは入院していて・・。
だから僕はここにあずけられているんだ・・」

そういったかと思うと走って行ってしまった。

数分後その子は戻ってきた。

「先生、夢がわかった!
将来医者になってお母さんやみんなを治していくことが
夢じゃないかな、と思うんだ」

小学校4年生です。
年齢ではなく自分の人生の方向性を決めることができる。

いい加減20歳を超えたら大人だから自分の人生を
自分でつくろう!



  

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 18:00Comments(1)

2010年08月25日

就職活動中の学生支援 Vol.2






就職活動中の学生支援 Vol.2

今ままでネット、モバイルで情報が手に入ることで
ある成果を上げることはできたがそれは頭を使うという機会を
少なくしてしまった。

便利になることと、幸せであることは別である。

資源が多い国はあまり知恵を使うことがない。

チュニジアが領土を決めるときの話を聞いた。

オイルマネーは経済的な裕福さを追求できるが
資源があることであまり頭を使うことがなくなる。

チュニジアは結果としてオイルを捨てた。
結果として識字率などたかく、教育国になった。
資源は無くなるとそれまでだが
人は成長し続けることで永遠に国の繁栄をもたらすことができる。

オイルマネーに対して『スウェットマネー』という。
汗かきながら頭と体をうごかすことで収益ををえる。

これからの社会は構造が変化して、世界の中の日本の位置づけが
微妙になってきた。
価値創造ができないと収益化が進まない。

修行語録の中に
『依存は失敗の始まり』
というのがある。

自分の人生をつくっていくことができるのも自分。
自分の人生に責任を持つのも当然自分。

まずは自立型自分力の見直しすることが一歩となる。

学生の方で就職活動を進めているいる方に場を提供します。
興味のある方はサイトへ
就職活動しない就職
http://jpro.info/
  

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 10:17Comments(1)

2010年08月24日

就職活動中の学生支援



















就職活動中の学生支援

いまどきの就職活動って本当に必要なの?

そんな疑問をいだいた。

文部科学省のワーキンググループのメンバーとして活動し

大学の准教授として学生と関わり、現状を知っているだけに

企業と学生のあまり意味のない手間とコストをかけた採用活動

に意味を感じなくなった。

どちらのせいでもない。

でも入社してもすぐにやめてしまう、新卒者も多いらしい。

どうせなら自分の人生、自分らしく生きてみよう。
自分の人生は自分だけのもの。
自分を信じられるのは自分だけ。

これから、学生のためのイベントが始まる。

http://jpro.info/

就活しない就職っていうサイトを立ち上げました。

学生のための『場』っていうのをつくっていきます。
  

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 17:48Comments(1)

2010年08月19日

固定概念の再考

固定概念の再考

ぼくの友人が
ある資産家のパーティーに招かれた時のこと
不思議な場面に遭遇したそうだ。

「お金おを貸してくれ」
と近所の方がオーナーに言った。
そのオーナーは奥から札束を持ってきてその男に渡した。

私の友人んがそのオーナーに
「なぜそんなことをするのですか?契約書なしでお金を貸し出すなんて」

この街ではすべての人が顔見知りなので特に心配ない。
しかもあの人は貸したお金をちゃんと返してくる。
とオーナーは答えた。

どうも契約社会で義理人情など通じないと思い込んでいた人種だと思っていたが
それがすべてではないようだ。

ちょっと昔に中国に行ったときにそれを感じた。
中国は汚い場所で怖い人が結構たくさんいる、と思っていた。
しかし違った。

要はマスコミで報道されるものはバイアスがかかっているということ。
なぜなら視聴率や購買数が伸びないといけないわけだから真実を伝えることだけでは
お金にならないことも理由。
  
タグ :思い込み

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 14:45Comments(0)

2010年08月17日

イカダ理論








イカダ理論

河を渡るときに役に立つことができたイカダがあった。

役に立ったからといって、これから森に入り山を登るのに
そのイカダを持っていくか?

これは過去の成功体験にこだわっていてはいけない、
そのシチュエーションに合わせて必要なものは変わるのだ、
ということ。
  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:20Comments(1)

2010年08月13日

インターンシップ中間レビュー





インターンシップ中間レビュー

2週間インターンシップの中間レビュー。
緊張したり場慣れできずに一週間が過ぎた。

でもどうにか慣れてきたかな?
  

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 17:00Comments(1)

2010年08月13日

インターンシップの学生の卒業式。



















蔵入りしていたKさんから頂いた甕入りの紹興酒。
確か4年ほど前にいただいたと記憶している。
「お酒だから大丈夫だろ」
の一言でおそるおそる毒味する。
































2週間のインターンシップお疲れさまでした。
  

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 13:00Comments(1)

2010年08月13日

プチ休み2












写真の子供はNさんの息子さん。
女性はインターンシップの学生です。









富士山に続き、たまにはリラックスタイムは必要。
海で釣り、BBQをすることにした。





  

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 08:00Comments(1)

2010年08月12日

プチ休み1











プチ休み1

砂浜でジェイブレインを書いた。
  

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 19:57Comments(1)

2010年08月06日

教育って・・・













企業説明会でのこと。

『教育はされるのですか?』

この質問をされるといつも違和感をおぼえる。

過去にメンバーからも同じようなことを聞かれた。

そのたびに
『自分も別に教育を受けてきたことはないし、やる気があれば力がつくよ。』
と答えてきた。

今まで教えてきたコンテンツは存在する。
しかしそれがないと力がつかないというのも筋が違う気がする。



おそらく「英語」がいい例。

いままでどれだけの期間英語を勉強してきましたか?
どんなに環境が整っていても力がつくとは限らない。

むしろ、留学してでも海外に飛び込んだほうが
“生きる”
ということに直面し、追い込みで力がつく。

結構人間って追い込まれることで力を発揮するものなのですよ。実際。
  
タグ :教育留学

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 21:06Comments(1)

2010年08月04日

富士登山パート3







まったく寒くない。前回は相当寒い風が下から吹き上げていたが
今回は全く無風。今回は今までで一番のコンディションだった。
4:00過ぎてまわりがうっすらと明るくなり始めてきた。


雲海がいつの間にか空を支配している。
その中で怪獣のような雲がむくむくと育っているように
成長している。非日常にふれると楽しい。

7合目でご来光を拝むことに決めてポジションを固めて待つこと
20分くらい。
遠く赤くうっすらと太陽らしきものが昇ってきた。



なんと「日輪」が太陽を中心にうっすらとうかんでいる。
これは今まで見たことのない光景だったので妙な感動を覚えた。

しばらく感動に浸り、ゆっくりくつろいでまた山頂を目指して歩き出した。

8合目、9合目

とうとう山頂まであとわずか。
10合目まではずっと人が牛歩の状態でつながっている。

今回は時間制限もないし、天候も良好。
山頂まで行くのは時間の問題で確実だったので自然と笑みが浮かぶ。

最後のラストスパートは自分でも驚くほど順調に後続を振り切りながら
登った。

最後の鳥居に着いた。
そこで記念撮影をして浅間神社にお参りし、近くの休憩所でビールで乾杯した。
  

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 16:00Comments(3)

2010年08月04日

富士登山パート2












銀座を出発





日が落ちてきました




















駐車場は満車になっていたので途中の坂道に路上駐車するしかなかったので
車を止める場所を探して駐車。
ちょっとアクロバチックな止め方をすることでどうにか駐車することができた。
すぐに着替えて登り口まで行きます。

出発は22:00すぎ。

さぁ登るぞと気合を入れて出発した。

一回目に登った時が体重は100キロ近くだった。
二回目に登った時体重は90キロ台だった
今回の三回目は80キロ台だなぁ
とかあまり意味のないことを考えたりしながら
一歩一歩進む。
10分したときに息は上がるし、汗はかくしで
このままのぼれるか?と多少不安になる。

そういえば一回目に登った時に一緒にいたメンバーが
真剣な顔をして
「修行さん、降りていいですか?」
と言った時のことを思い出した。






今回は10分たったときにこのままのぼるのはちょっと無理があるかな?
とか
やはり何も準備しないで登るのはちょっと危険?
などと少し後悔するも
3回目になって気づくこともあるとか
何か発見があるだろう、
とかポジティブに切り替えて登り続ける。

何か調子が変だなぁと思いながら歩く。
(実は帰宅した後に気づくのですが
このときに履いていた靴は、登山用の靴ではなくて
なんと、冬に履くスノーブーツでした(笑)※

修行の心臓はスポーツ心臓で普通の人の1.5倍くらいあるらしい
∴(ゆえに)ある心拍数を超えると調子がよくなるのです。
(持久走は速くはないのですが結構得意なほうです。)

はじめの20分くらいが地獄ですが、だんだんと調子が出てきて
快適に歩きます。

前回途中で足がつって痙攣をするという災難に見舞われたので今回は
その対策として「ミネラル」サプリを購入しました。
ついでにどうせ歩くんだったらダイエットも兼ねようとαリポ酸も購入しました。
飲み合わせがいいのかまったくわかりませんが補給していきます。

万全だったにもかかわらずやはり足をつってしまいました。
これは単純に運動不足だったのでしょう。
Mさんのサポートで足をストレッチして何とか歩行可能になりました。
(Mさん、ありがとう。あの時はうれしかったです・・)

あっという間に6合目に到着しました。
一回目に登った時にはあれほど長く感じた6合目。
やはり体重が相当負担をかけていたのでしょう。
(健康管理は絶対ですね。)

登山途中で思うこと・・・
※高い山でも一歩一歩歩くことで絶対に登ることができる。
※登れない山はない
※山があるから登る
※3回登ってみたら何が違うのか
※現実の中で生きているっていう実感がある
とか意味があるのかないのかわからないことを考えながら歩いたり

「いっち、いっち、いっち、にぃ」「そぉーれぇぃ!」
とか心の中で呟きながら歩いたり

TwitterとかFACEbooKにつぶやいたり投稿したり。

6合目が見えてきたときは本当にうれしかった。

「やはり目標が見えていると力が出ますね。
ビジネスも一緒ですね。ゴールの設定と目標のあり方が・・・」
と20代のSさんがつぶやいとりました。

山小屋で豚汁を頼んだメンバーが満足そうに帰ってきた。
いっぱいなんと山小屋価格で700円。
しかしこの場所のこの時間だから欲しいものってあるんですよねぇ。

6合目でSさんのリュックと修行のを交換してもらった。
ちょっと重くてこのまま登れない気がした、からだ。
(Sさん、ありがとう。リポビタンDで許して)

  
タグ :富士山

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 08:00Comments(1)

2010年08月03日

富士登山パート1



















いきなりの富士山


金曜日の夜、セミナー終了後打ち上げをした。

その席でなぜか富士山の話になり
いきなり富士山に登ることになった。

一緒に飲んでいたNさん、Kさんが一緒に行くことに。

翌日の16:00に集合して、富士山5合目に夜到着して、
できれば山頂でご来光を拝む、というプランだ。

しかし当日いろいろとあり
急きょMさん、Sさんが即断で参加表明をしたことで3人で富士山登頂を決行。

即断即決は経営者の資質の一つである、と修行の尊敬する経営者の一人からの言葉。
(これは解釈と背景によっては全く逆のことになる恐れがある、とは後に知る)
一事が万事、行動と言動の一致、など人間力をみるポイントはいくつかある。

今回で修行は3回目の富士山トライ。
(富士山に登らないバカ、二度登るバカ、と言われているらしい)
しかし山頂までいけずにいた。
一回目は大勢の人数で行ったために帰りの時間に制限があり9合目付近で折り返すことになってしまった。
二回目は台風の合間で暴風雨になりやはり同じく9合目付近で折り返さなければならなかった。
三度目の正直で山頂を目指すことができた。

途中、高速道路をリバースしたりとハプニングはあったが
どうにか富士山須走口に到着。

続く・・・・・  

Posted by 株式会社ジェイブレイン at 16:07Comments(2)