プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2009年02月09日

後継者もとむ!

神奈川にある会社で後継者を探しています。
30年以上継続できている企業ですが高齢のために
後継者を探しています。

後継者企業に興味のある方はメールください。
shugyo@j-brain.jp


そのほかにも新規事業立ち上げなどプロジェクトが発進します。
あわせて興味がある方はメールください。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 16:07Comments(0)人間力

2009年02月05日

ビジネスディベロッパー物語(特許を事業化 編)By修行

56793.jpgビジネスディベロッパー物語(特許を事業化 編)By修行 その3

イベントを企画する。
経営者の方を中心としたイベントを企画する。

参加者は20名。
予想をはるかに超えた集客に成功した。

経営者の方は勘も鋭いので体感してもらうとすぐに結果が出る。

10万円を越える商品に次々と予約が入った。

当初の第一ステップの目的はテストマーケ。
成果も出たことで第一ステップは無事に終了した。

多少の補正を加えて、第二ステップへ進む。

組織づくりのために店舗を構えることになる。

人材の補強も進める。

「店舗の運営を任せることができるスタッフが欲しい。」

職住接近で勤務地まで徒歩圏で通うことができるスタッフを探し出すことができた。

まず面談をし勤務内容などのすりあわせをする。

ここで重要なのはただ単純に会社の情報と仕事内容を理解してもらうことだけではない。

特に立ち上げ企業では、スタートアップのメンバリングはその後の企業の発展の明暗を分ける。

面接時にほとんどの人が「面接演技」にはいる。

本当の自分ではない自分を演じる。

善意悪意関係なく非日常の状態になるのでやむをえないが、面接の対応で無駄な時間をすごすことにもなるので要注意。

ジェイブレインは立ち上げ事業、会社のスタートアップにも多く携わってきた。

それは自らスピードの早い立ち上げを何度となく経験したからそれがノウハウ構築につながっている。

ビジネスプラン、ファイナンス、経営幹部、スタッフィング、カルチャー、教育ポリシー、それぞれの思い、人事制度など変数は数多い。

どんなにメガ企業でももともとは少数の思いを持ったメンバーで始めたベンチャー企業であることが多い。

勝手にお金は降ってこない。

毎日時間の浪費をしていても仕事の対価が入ることがなければお金の還元はできない。
「あたりまえ」のことである。

しかし「企業つとめしている人」にはこの常識が非常識に映る。

会社へ依存するか権利の主張をするひと。たくさんいます。おそらく99%くらいの社会人がそうなのでは?

そもそも変動期の世界では安定は企業だけの責任でもなくそれぞれの個人のパフォーマンスによることが多くなってきた。
そういう時代になった。

親の常識はすでに常識ではない。環境が変わっているから。
今の状態にどう対応するか?それが現実を受け止めることになり、そこからやっとプランづくりをはじめることができる。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 20:49Comments(1)人間力