プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2007年03月30日

第105話 ベンチャー起業物語

第105話 ベンチャー起業物語

鬼怒川研修
(2005年夏)


つづく

自分が思っている以上に仲間は愛情があるし、
自分が思っている以上に恥をかくことはなんでもないことだし
自分が思っている以上に本気で真剣に向き合えば達成感や感激できることが多い
ものである。

実はすべては自分の意思次第だ。

また例によって徹夜を繰り返し朝まで討論を繰り返すことになる。

リーダー役はリーダーシップを発揮しなければ形にすることは難しい。
一人でも他人がいればリーダーシップを発揮しなければいけない。

人はそれぞれ違う価値観を持っているということに気づく
まだ気づいていないならば表面をなぞっているだけでまだリーダーシップの門もたたいていないことになる。

自分の価値観と同じような人とつるみ始めたら最悪で、いつまでたってもリーダーとして力をつけることができない。

特に異質な人、モチベーションが高くない人、価値観が違う人、など同じ目的に集約できなければ本当のリーダーとはいえない。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 18:15Comments(0)・・・

2007年03月29日

EO University

37233.jpgEO TOKYO UNIVERSITY
開始

世界各地から日本へ起業家が東京に集まった。
共通言語は当然、英語。

どうにか数名の起業家と会話ができた。

プログラムは多岐にわたっている。
その中でも日本文化のプログラムのなかで
京都、芸者の講義があった。

ふらりと部屋に入って講義を聴く。
すると京都の映像と日本的な音楽が飛び込んできた。
京都を中心としたドキュメンタリー映画の予告編だった。

海外の方からすると芸者は興味が高いようだ。

世界的にも女性が社会進出して自分の力で自立した
事例として海外では認識されている。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 12:15Comments(0)・・・

2007年03月29日

第104話ベンチャー起業物語

第104話ベンチャー起業物語

鬼怒川研修
(2005年夏)

つづき

ほとんどのビジネスマンがなんとなく会社に入社して、それとなくがんばってポジションを得ようとする。

実際にポジションを取ってみても上司と部下に挟まれて

「何のための仕事をしているんだ」

と自問自答を繰り返すことになる。

そのまま40歳近くになると家のローンもあるし子供の教育費の問題などでお金も必要である。会社で勝負したいが失敗してしまうと左遷させられたりいまのポジションを失う、というリスクもあるので活動をすることもなくいまを保持しようとする。

どの会社にいてもその会社が懐が広くてチャレンジすることを受け入れてくれる会社であれば成長していく場をつくることができる。

しかしそういった会社が少ないのも事実だ。

このような研修をきっかけにして少しでもチャレンジしていくことができる人づくりは重要だと考える。

つづく  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:59Comments(0)・・・

2007年03月27日

第103話 ベンチャー起業物語

第103話 ベンチャー起業物語

鬼怒川研修
(2005年夏)

また懲りずに研修を企画。

会社の将来⇒会社の事業戦略⇒新規事業⇒・・・
毎回研修のテーマが変わる。

今回は会社の事業戦略をテーマに考えてもらうことにした。

生まれながらに事業スキルがある人はめったにいない。
会社に入っても自らもとめていかなければめったに場を踏むことはできない。

強制でもいいので事業のことを考える癖をつけていかなければスキルは身につかない。

でもゲームと同じで楽しくなければ長続きしないし、
やらされ感でやっても気持ちが入らない。
信頼や信用しようとしなければ気持ちをとめてしまう。

ここに集まった意味があって、自分がいる意味があるからであっていると信じたい。

強制的に付加がかかるとストレスが増加し、自分本来の本性が出てくる。
言葉では「大丈夫です」「楽しいです」
といっていても
行動が一致していないことがある。

そこでどのように自分と向き合うことができるかでこれからの人生の生き方が変わってくる。

魂からの叫びを形にできると相当なパワーを生み出すことができる。

つづく  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 13:15Comments(0)・・・

2007年03月22日

第102話 ベンチャー起業物語

第102話 ベンチャー起業物語

【戦略インターンシップ⇒採用】
(2005年春のことです)

採用活動も終盤を迎えた。

いまだに就職活動をしている学生を救う目的で
インターンシップから採用につながるプログラムをつくった。

当時内定者だった、藤井、加藤が進行役をつとめるインターンシップ説明会を開催した。
参加者は6人。
今活躍中の佐藤君もこの中にいた。

まずジェイブレインの説明
それから
適性検査。
今でもテストって言うといやですがこれもひとつの指標ですので実施。
なんでもネガティブに考えるのではなく自分のためになっているというポジティブシンキングができていないとそもそも仲間としては問題あり。

3時間ほど説明会を実施したのちにインターンシップに参加するかを問う。
全員参加するという。

翌日からインターンシップ開始となった。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 16:09Comments(0)・・・

2007年03月22日

第102話 ベンチャー起業物語

第102話 ベンチャー起業物語

【戦略インターンシップ⇒採用】
(2005年春のことです)

採用活動も終盤を迎えた。

いまだに就職活動をしている学生を救う目的で
インターンシップから採用につながるプログラムをつくった。

当時内定者だった、藤井、加藤が進行役をつとめるインターンシップ説明会を開催した。
参加者は6人。
今活躍中の佐藤君もこの中にいた。

まずジェイブレインの説明
それから
適性検査。
今でもテストって言うといやですがこれもひとつの指標ですので実施。
なんでもネガティブに考えるのではなく自分のためになっているというポジティブシンキングができていないとそもそも仲間としては問題あり。

3時間ほど説明会を実施したのちにインターンシップに参加するかを問う。
全員参加するという。

翌日からインターンシップ開始となった。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 16:07Comments(0)・・・

2007年03月20日

身体障害者転職フェア

36972.jpg身体障害者のための就職フェア

2007年3月17日開催

聴覚障害者のためにパソコンで口頭記述をしたり、手話同時通訳の方に依頼したり万端の準備で開催に望んだ。

当日予想を上回る参加者でにぎわった。

健常者である自分たちはなかなかわからないが、一生懸命生きている身体障害者の人たちと触れ合っていると、健康であることの重要さと健康であるが故の使命を果たしているかを自問自答する。

一生懸命、仕事について質問する参加者。
彼らといるだけで自然と涙が出てきてしまう。

「やりたいことをやりたいようにやる」
(社会貢献を独自手法で確実に成果をあげる)
もっともっとやるべきことをやりきらなきゃだめだと
心に誓った。

初めてのフェアにしては社会使命を地で遂行することができた。
ジェイブレインは、またひとつやるべきことを一歩踏み出した。

企画実行の後藤さん、杉本さん、豊田さん、小林さん、矢口さん、山本さん、庭野さん、先山さん
ご苦労様でした。
当日サポートしてくれた、田村さん、池田さん、小関さん、小堂さん、細野さん、功刀さん、採澤さん、ありがとうございました。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:31Comments(0)・・・

2007年03月19日

08採用活動中!

36943.jpg08採用 大阪編(2007年3月3日〜4日)

福岡で08向けの説明会を実施。

説明会終了後、朝の3時過ぎまで飲み会。
6時過ぎには新幹線に乗り込んで新大阪。

9:00には大阪セミナー会場入り、というハードスケジュール。

さすがに幹部の方々はセミナー終了後爆睡しておりました。

きっといい出会いがあることでしょう。

日本を少しでもよくする救世主として
世界と日本をつなぐ発信者として
なくてはならないサービスをつくりだすディベロッパーとして  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 08:22Comments(0)・・・

2007年03月13日

第101話 ベンチャー起業物語

第101話 ベンチャー起業物語

【身体障害者支援事業】つづき

なかなか進みが悪いので担当者である杉本は会議があるたびに「つめられること」になる。
課題や宿題をウィークリーでこなしていくのだがなかなか進捗が悪い。
悪く言うと「いいわけ」が多い。

たまにかわいそうだな、と思うことがある。
それは自分がマネジメントである一方営業マンでもあったので、営業マンの行動や心理的な動きが手に取るようにわかってしまうことである。

しかもポリシーのひとつに
「言動と行動の一致」
というのがあるので、苦しむことになる。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 14:55Comments(1)・・・

2007年03月08日

第100話 ベンチャー起業物語

第100話 ベンチャー起業物語

身体障害者支援事業スタート つづき
(2005年春のことです。)

身体障害者雇用に関してやっと国を巻き込んでの動きに最近はなってきたが、事業スタート当初はなかなか進みは遅かった。

採用窓口の人は非常に熱心だが、配属先の問題などでなかなかスムーズに進まない。
また車椅子での勤務の方にはインフラを整備しなければいけない。
プラスでコストがかかる話だ。
周囲で働いている人が気をつけていなければいけない、採用する側からするとなど制約が多いためなかなか就業できていない現状がある。

まずサイトの運営をすることに決めた。

採用企業から広告収入をいただいて身体障害者の方に告知をしていく。

障害者採用 求人サイト 
 http://www.uni-hands.net/
" target="_blank">http://www.uni-hands.net/  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 10:29Comments(0)・・・