プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2007年02月28日

第99話 ベンチャー起業物語

第99話 ベンチャー起業物語

【身体障害者支援事業スタート】(2005年春)

つづき

従業員56人以上の民間企業には、従業員数の1.8%以上の障害者雇用が法律で義務付けられている。
障害者とは、身体障害者、知的障害者、精神障害者を指し、06年度からは精神障害者も雇用実績にカウントできるようになった。

06年の雇用の障害者数の内訳は
身体障害者が約238千人
知的障害者が約44千人
精神障害者が約2千人

で合計 約284千人

しかし充足率は10%程度。
雇用を希望していても雇用されていない身体障害者の方がまだ就業場所を探している状態である。

障害者採用 求人サイト 
 http://www.uni-hands.net/  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:29Comments(0)・・・

2007年02月27日

第98話 ベンチャー起業物語

第97話 ベンチャー起業物語

【身体障害者支援事業スタート】(2005年春のこと)

つづき


自分探し、ということを続ける人がいますが
いつまでたっても自分は探せない。

なぜならば外にあるものではなく、自分のうちにあるものだからだ。

今ある真実を受け止めて、どのように生きていくかを考えたほうがいいと思う。

身体障害者支援事業に関して事業名を考えることにした。

社内公募したところたくさんの応募があった。

その中で再度投票しひとつの名前に決定した。

「ユニバーサルハンズ」

ユニバーサルデザインから発想された言葉らしい。

障害者採用 求人サイト 
 http://www.uni-hands.net/
" target="_blank">http://www.uni-hands.net/  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:32Comments(0)・・・

2007年02月26日

第97話 ベンチャー起業物語

第97話 ベンチャー起業物語

【身体障害者支援事業開始】

身体障害者支援事業スタート(2005年春)

身体障害者の支援をすることを検討した。

事業としては多少ハードルが高いが
就業可能な身体障害者の約10%程度しか就業できていない現状がある。

・実際に車椅子の方を就業させようとすると社内のインフラにまで手をつけねばならない。
・現場ではマネジメントしづらいとの声も上がる。
・健常者と比べてまた違ったマネジメントやメンタルな部分でのサポートが必要になる。
・ 採用担当者は経営陣からの指示と現場からのクレームなどではさまれ立場がない状態。
これらが今の身体障害者を取り巻く環境である。

いつ事故に巻き込まれて健常者から身体障害者にならないとも限らない。

想像してみてください。
毎日車椅子にのって移動していることを。
階段があるところでは迂回しなければならず、障害物があるところでは他人に助けを求めなければなりません。

もう一度考えないといけないと思うのは、
今普通だと考えていることが大変恵まれている環境にある、ということ。

つづく  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:21Comments(0)・・・

2007年02月23日

第96話 ベンチャー起業物語

第96話 ベンチャー起業物語

【社長室】(これは2004年の頃のことです)

つづき


高さ180センチ位の日本地図が完成した。

あまり日本地図を貼ってある会社などないらしく来客の方から

「どうして日本地図が貼ってあるんですか?」

と怪訝な顔をされる。

思想的にそっちの方と思われてしまうらしい。

そういえば毎年つくるカレンダーも「昇り龍」の絵を描くので
よく質問をされるらしい。

関わるすべての人にできることなら幸せになってもらいとの願いから
「昇り龍」
にした。

会社の経営をやっていると努力も必要だが謙虚さや運なども最後のところで微妙に影響があるように思う。
心が前向きに出なければ会社の運営にも影響が出る。

そこで開運の赤富士や昇り龍など気持ちをこめて描いたイラストを表紙や表4やなかのイラストにも散らばらせることにしている。

関わる人すべての人に幸せになってもらいたい。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 14:05Comments(0)・・・

2007年02月21日

第95話 ベンチャー起業物語

第95話 ベンチャー起業物語

【社長室?!】

社長室らしきものをつくることになった。

どうしてそうなったかは思い出せないがとにかく社長室らしきものができた。

パーテ-ションなんかお金をかけずにただ普通のカラーボックスを積み上げて仕切りをつくる。

東京の片隅から始まった会社だったがすでに頭の中は日本国内の企業へのサポートを描いていたのでとりあえず大きな日本地図を壁に貼りたかった。

インターンシップをしていた学生に本屋まで日本地図を買いに走らせる。

しばらくすると携帯電話がなった。
その学生からだった。

「今本屋に来ているんですけどいっぱい地図があってどれを買ったらいいでしょうか?」

よくよくきくと大きな地図は白地図しかないらしい。

しょうがないので九州から北海道までの地図を数枚に分けて購入するように指示する。

小さな地図ではなく誰が見てもすぐにわかるような地図を貼りたかったので、パネルに地図をうまく組み合わせて日本地図を完成させた。



プロフェッショナルのための支援グループ
http://www.j-brain.jp
「一人でも多くの人に生きがいと安定を!」

プロフェッショナルのためのサービス拡充中!
・CーCLASS
http://www.c-class.jp/
CEO、COO、CFO、CTO、CIOなど経営幹部に特化した求人ポータル。
・P-GATE
http://www.p-gate.jp/index.html?jb
経営者から直接会社ビジョンや将来の戦略を聞く選考会会員募集サイト。
・clubCFO
http://www.c-cfo.jp/index.html?jb
CFOのためのポータルサイト。定期的にセミナー開催。
・J-core
http://j-core.net/
建築・不動産業界の転職ポータルサイト。
・『ユニバーサルハンズ』
http://www.uni-hands.net/" target="_blank">http://www.uni-hands.net/
身体障害者のための支援サービス
・『キャリア戦略研究機構』〜ひとに生きがいと安定を!
http://ameblo.jp/careerstrategy/
・『JBRAINS REPORT』
http://blog.livedoor.jp/ryomaproject/?blog_id=1288873
こちらでブログ公開しております

『ブレインズクラブ』
参加希望もしくは興味のおありの方にはブレインズクラブのご案内等いたしますので
http://www.j-brain.jp/brains.html
こちらにエントリーしてください。

Legend of J−BRAIN〜StartUp   
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 14:46Comments(0)・・・

2007年02月19日

第94話 ベンチャー起業物語

第94話 ベンチャー起業物語

【感謝祭】

(これは2006年春のことです)

銀座6丁目に事務所を移ししばらくたったときのこと。

時期の節目には何か感謝をしなければすまない性格なので、また懲りずにイベントを考えた。

いろいろな方に声がけをし事務所でたこ焼きを焼いて振る舞い、ビールや缶チューハイを飲むという。
感謝祭と名うったただの飲み会。

そういえばメンバーそれぞれで感謝したい人を呼んでメンバーそれぞれのホストとしての会合もやりました。

イベントなどなかなかやろうと思うものでもないのでどんどん企画をしていてほしいとの願いからそれぞれ企画した。

初めて大場さんに会ったのもそのとき。
後から聞いた話しだが怖わい人だと思われてしまったらしい・・・


人生無駄なことはないからすべて意味があってのこと。

いい思い出やつらかった思い出などいろいろとあるがすべては意味があってのこと。
たまに神様は真意を確かめるようにいろいろと試すように試練や場をくださる、そんな気がしてならない。

これからも節目は大事にしよう。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:27Comments(1)・・・

2007年02月14日

第93話ベンチャー起業物語

第93話ベンチャー起業物語

つづき
【大学院】

(これは2002年夏のことです)

大学院に通うようになって新聞紙の取材など受けることが増えた。

「社会人大学院へ行こう」という本にも20ページほど掲載された。

社会人大学院を各大学が設立を始めたころだったのでもっと意識を高めていこうという大学側の思いもあったのかもしれない。

当時やたらと「大学院」や「MBA」という言葉が目にふれた。

新聞紙の1面の枠に、大学院の広報だが、学生である修行の記事が掲載された。
記事内容は会社の広報ではなく、修行個人をフォーカスしたものであったがメディアの露出があることは少しでも会社にとってはプラスになる。

当たり前だが、結構読まれているもので知人からメールや電話で

「記事見たよ」

と報告を受ける。

余計なことだが

「ちょっと太った?」

などいらない言葉も一緒にうけた。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:58Comments(0)・・・

2007年02月13日

第92話ベンチャー起業物語

第92話ベンチャー起業物語

【大学院】つづき

実際に学校にいってみると年齢、キャリアもばらばらな同級生と出会った。

授業に出てみると

「先生!」

と手を上げるのが気恥ずかしいが
非日常の状態なのでそれはそれで楽しい。

経営しているとあまり教えを受けることが少なかったが
授業内容はバラエティーに富んだものを受けていたので一つ一つが新鮮
だし楽しめた。

授業を受けながらも今の事業展開も考えることができた。

煮詰まることなくシンプルに考えることができたと思う。
そういった効果は大学院にいった一つだ。

非日常の状態をつくりだすこと。
よく起業家は年に一回はそんな時間をとったほうがよいといわれる。
強制的にそういった時間をつくりだすことができたのは怪我の功名というか
なんというか、結果OK(よくゴルフでそういいます)だった。

起業家としての活動を進めながらも大学院へ通うということになったが、
なかなか時間がない。
ない時間を活用していかなければならない、となるとどうにかなるもんだ。
レポートとも神業でできるようになる。

無駄をいかに省くか、が課題になる。結構無駄があるんだなぁと感心する。
できていると思っていてもまだまだなことを内省できることもいい機会を得たと思う。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 15:20Comments(0)・・・

2007年02月09日

第91話 ベンチャー起業物語

第91話 ベンチャー起業物語

【大学院】つづき2

MBAのメリットを考えてみた。
・大学の先生とディスカッションしながらもサービスを考えることができる
・学生は起業家、弁護士、医者などバラエティーに富んでいるので刺激になる
・起業家として忙殺されているので学校にいるときは非日常の状態を作り出すことができる。
・ 将来学校経営を考えているので学校を研究できる
などなど。

起業家になったときは社長になることが夢だったの第一弾夢の終了。
すぐに夢の再設定をしたときに
「40歳で大学の先生になって起業家を輩出し、2年後には政治家になる」
と決めていた。

大学に関わることは大学の先生への道もあるかな?と考えた。
もろもろ考えてみるとメリットがありそうだ。

大学院へ行くことを決めた。

しかしどの大学院がいいのか?
慶応、早稲田・・いろいろと大学院はある。
どうせ行くのならば意味があるところがいいなと思い行く大学院を研究した。

目的は
起業家としての幅を広げていきたい
博士号をとることではない

だったので
・学術的で実践的ではない学校はあまり意味がない。
・ブランドではない
・実践的でチャレンジャーな学校ががいい
・先生の実践のレベル
・時間的に無理がない
・会社から近い
・来ている人たちのレベル(社長が多い)

などなど考えて先日話をさせていただいた柳下教授のいる日本大学大学院にきめた。

日本大学大学院はまだできたばかりで自分たちでブランドを左右できるとも考えた。

試験を受ける。
試験なんて久しぶりでちょっと緊張するが
小論文と英語のテスト。

小論文はたしか
「IT革命についてのべよ」
みたいな感じ。

IT革命に関してはビジネス上も関わりがあったのですらすらと書きたいように書いた。

英語は
「マイクロソフトの戦略」
のようなものだったと思う。
質問に答え巣、和訳と英訳で回答する。

結果は合格で大学院へ通うことになった。

夜21:00過ぎからの講義や土曜日の授業なので仕事に影響がない組み立てをする。

久しぶりに学生証なるものを手にする。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 08:25Comments(0)・・・

2007年02月08日

第90話ベンチャー起業物語

第90話ベンチャー起業物語

【大学院!】つづき

1時間ほどビジネスの話などさせていただきながら

急に
起業家の講演をお願いできないかと依頼を受けた。

起業家の方や起業家に興味がある方を定期的にセミナーに招いているらしい。

長くから起業家として活躍しているリクルートコスモス時代の同期である梶原氏が頭に浮かんだので、

「ちょっとあたってみます」

と答えた。

柳下教授は謙虚な方で非常にビジネス界での経験も長いために発想の
あり方など独特で参考になることが多かった。

こんなことを考えているのですがどうでしょうか?と質問すると
的確にアドバイスや市場の話などが返ってくる。

ドラえもんのポケットみたいに次々と面白い答えが返ってきた。

「こんな先生がいるんだな」

と驚いた。


大学院を後にし
早速さっきの講師の依頼を梶原氏に依頼したところ、快諾してもらった。

早速柳下教授に連絡を取ってセミナーの調整をする。

ゆっくりと自宅でくつろぎながら
「MBAか・・」と思考をめぐらす。


つづく  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:53Comments(0)・・・

2007年02月07日

第89話 ベンチャー起業物語

第89話 ベンチャー起業物語

【大学院?】

【大学院研修生】(これは2004年のことです)
大学院の研修生として大学院へ通うことにした。

もともと大学院へ通うことになり2年間の大学院終了後継続しての研修生だった。

そもそも有事大学院は友人からの誘いから始まった。
もう起業家として仕事をしていたので大学院へ通う理由はないと思っていたのではじめは興味がなかった。
いろいろと話しを聞いているうちにちょっと興味がわいてきた。

「一度教授と話してみないか?」
と誘われるまま大学院へ向かった。

僕の大学の先生のイメージは机上の空論で実践では使えない、というものであった。

実際に教授と話してみる。

「はじめまして。修行です」
と挨拶しながら名刺交換させていただく。
名刺には

「日本大学大学院  教授 柳下和夫」

と書いてある。

ベンチャーコースの主任教授らしい。

つづく  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:04Comments(1)・・・

2007年02月06日

第88話 ベンチャー起業物語

第88話 ベンチャー起業物語

【超マスターコース】最終

感謝祭当日は200人くらいの経営者の方々が起こしになって
交流を深めることができた。

お越しになった方々のために何かを振舞おうということになった。

ジェイブレインメンバー総出でたこ焼きを焼く。
なぜたこ焼きか?たこ焼きが簡単だと思ったから。

よくイベントをつくってはメンバー間の交流も深める。

たいへんだけどすべては心持ちしだい。

「面白くない」と思えばそうなるし、「楽しいな!」と思えば楽しくなる。
楽しいな!と思うときは無理にでもその意味付けをすることがある。

このイベントをすることは自分のためになる、と

超マスターコースの学生たちがプレゼンテーションや商品説明をそれぞれのチームごとに来訪していただいた方々へ向けて発信し始めた。

説明している学生は真剣だ。

会も終わりそれぞれ懇親会も盛大なまま終了となった。

学生たちは市場の現実への敗北感とビジネスの楽しさや難しさを痛感した  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:12Comments(0)・・・

2007年02月05日

監査役活用セミナー開催

監査役活用セミナー

経営者の方、経営幹部の方で興味がある方は参加ください。



※監査役人材バンクHP 
http://www.kansayaku.info/index.html" target="_blank">http://www.kansayaku.info/index.html



先般日経産業新聞でも大きく取り上げて頂いた様に弊社では監査役、
内部監査、社外取締役のプロフェッショナルな人材を、主要クライアント
でもあるIPO前後のベンチャー企業へ紹介・コーディネートする事業を
開始致しました。

今回は下記のように、経営者様向けにセミナーを開催致しますので、
ご参加のご検討を頂けますよう、宜しくお願い致します。

■□■□■□「ビジネス書には載ってない、監査役採用のホンネ」セミナー□■□■□■

 ・実際にIPOを果たした経営者
 ・上場企業で監査役経験後、上場準備中企業にて現在社外監査役
 ・年間200名以上のエグゼクティブと面談を行う弊社コンサルタント
 の3名により監査役採用の実情をお話させていただきます。

 その上で、ベンチャー企業における監査役採用の実態を知り、
より最適な監査役活用法を共に考える場を設けさせていただきます。

◆対象:株式公開を目指す企業の経営者
◆開催日時:2007年2月13日(火)13時30分〜17時
◆開催場所:株式会社ジャフコ内セミナールーム
        東京都千代田区丸の内1-8-2 第二鉄鋼ビル9F
       (ジャフコ地図 http://www.jafco.co.jp/home/  


" target="_blank">http://www.jafco.co.jp/home/)
◆プログラム
  【第一部】「監査役の現状 (社外)取締役の現状」
         講師:株式会社ジェイブレイン 顧問 望月隆之

  【第二部】「監査役採用・活用の現場から」
         講師:スリープログループ株式会社 代表取締役社長 高野研 氏

スリープログループHP http://www.threepro.co.jp/index.html


" target="_blank">http://www.threepro.co.jp/index.html)
            
株式会社ジェイブレイン プリンシパルエグゼクティブコンサルタント
                      高橋宗潤

エスネットワークス株式会社 社外監査役 根本敏男 氏          
   
◆参加料金:10500円(税込) 20名様限定(ジェイブレインクライアントは特別無料)

ご参加を希望される方は、下記フォーマットをご記入の上、

seminar@kansayaku.info 

までご連絡頂けますよう宜しくお願い致します。

 ■□■□■□■□■□■□参加申込書■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■2007年2月13(火)「ビジネス書には載ってない、監査役採用のホンネ」セミナー
■御社名:
■お名前:
■電話番号:
■メールアドレス:
■当日の講演者へのご質問など:
 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 11:03Comments(0)・・・

2007年02月05日

第87話 ベンチャー起業物語

第87話 ベンチャー起業物語

【超マスターコース?】つづき


まず全員を集めて今回の趣旨説明を実施した。

一人でもいいし、仲間を集めてもいいし何かビジネスプランを考えて、今から3週間後にプレゼンテーションをしてそれぞれ評価をもらう。

実践型で起業家予備軍育ててみたいとの考えから実際にビジネスの真似事をする。

プレゼンテーションを実施する3週間後に

「ジェイブレイン感謝祭」と題して

今までお世話になった方々をお呼びしてたこ焼きやら出店を構えていく祭りを開くことにした。

学生のプレゼンテーションとサービスに対しての評価を受け付ける。
学生は市場評価の実際を体験することになる。

頭の中で考えていることと実際の人が考えて動くことには乖離があったり、思わぬ発見があったり実践で気づくことになる。

つづく(最終へ)

プロフェッショナルのための支援グループ
http://www.j-brain.jp
「一人でも多くの人に生きがいと安定を!」

プロフェッショナルのためのサービス拡充中!
・CーCLASS
http://www.c-class.jp/
CEO、COO、CFO、CTO、CIOなど経営幹部に特化した求人ポータル。
・P-GATE
http://www.p-gate.jp/index.html?jb
経営者から直接会社ビジョンや将来の戦略を聞く選考会会員募集サイト。
・clubCFO
http://www.c-cfo.jp/index.html?jb
CFOのためのポータルサイト。定期的にセミナー開催。
・J-core
http://j-core.net/
建築・不動産業界の転職ポータルサイト。
・『ユニバーサルハンズ』
http://www.uni-hands.net/" target="_blank">http://www.uni-hands.net/
身体障害者のための支援サービス
・『キャリア戦略研究機構』〜ひとに生きがいと安定を!
http://ameblo.jp/careerstrategy/
・『JBRAINS REPORT』
http://blog.livedoor.jp/ryomaproject/?blog_id=1288873
こちらでブログ公開しております

『ブレインズクラブ』
参加希望もしくは興味のおありの方にはブレインズクラブのご案内等いたしますので
http://www.j-brain.jp/brains.html
こちらにエントリーしてください。

Legend of J−BRAIN〜StartUp   
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:22Comments(0)・・・

2007年02月02日

超マスターコース!第86話 ベンチャー起業物語

第86話 ベンチャー起業物語

【超マスターコース?】(これは銀座6丁目の事務所に移った2004年のことです)

新卒採用の新しい企画を考えた。

起業家になっていくような人材は普通の選考ではこないのではないか?と考えた。

自分が学生時だったらどう考えるか?
おそらく普通の選考会や企業説明会などには行かない、と思った。

理由は、その他大勢の中の一人という存在が耐えられないし、何か後手に回った優等生タイプ
みんなが動くから動くという主体性のなさを感じるからだ。

企業と自分は対等。別に隷属するものではない、という考えだから。

これは自分の今までのサラリーマン生活を通しても同じポリシーを通している。

依存型で指示された仕事をしてきた記憶がない。

ただし言ったからには結果を出さなければただのバカなので自分を追い込みながらも結果を出してきた。

将来起業家になりたい人、プロフェッショナルになりたい人集まれ!というような感じで大学学3年生を集めることにした。

学生は10人集まった。

つづく  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:18Comments(0)・・・