プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2007年01月31日

ハムスター・第85話 ベンチャー起業物語

第85話 ベンチャー起業物語

【ハムスター】 本当に最終です。
書き残していたのがあったので追加しました。

つづき

ある朝のこと。
ハムスターの体の変調に気がつく。えさの与えすぎかはちょっと太ってきた。
えさの制限がしたほうがいいのか考えたが与えるえさに関してはそのままにすることにした。
二匹飼っていたのだが狭いケースの中に入れていたのでストレスがたまったのか喧嘩することが多くなった。
このままではまずいと判断し、二匹を離して飼うことにする。

一週間後また事件が起こった。

朝会社に来ると「ぴーぴー」とうるさい声が聞こえてきた。

なんだろうとケースを眺めてみると、小さなハムスターが5匹生まれている。

ちょっと前の変調は子供ができていたのだ。

とうとう事務所内で生命の神秘に触れることになった。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 22:08Comments(1)・・・

2007年01月31日

第85話 ベンチャー起業物語

第85話 ベンチャー起業物語

【ハムスター】 本当に最終です。
書き残していたのがあったので追加しました。

つづき

ある朝のこと。
ハムスターの体の変調に気がつく。えさの与えすぎかはちょっと太ってきた。
えさの制限がしたほうがいいのか考えたが与えるえさに関してはそのままにすることにした。
二匹飼っていたのだが狭いケースの中に入れていたのでストレスがたまったのか喧嘩することが多くなった。
このままではまずいと判断し、二匹を離して飼うことにする。

一週間後また事件が起こった。

朝会社に来ると「ぴーぴー」とうるさい声が聞こえてきた。

なんだろうとケースを眺めてみると、小さなハムスターが5匹生まれている。

ちょっと前の変調は子供ができていたのだ。

とうとう事務所内で生命の神秘に触れることになった。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 22:07Comments(0)・・・

2007年01月31日

ハムスター・第84話 ベンチャー起業物語

第84話 ベンチャー起業物語

【ハムスター】最終

つづき

やはり朝行くとケースの中にいるはずのハムスターがいない。

よくみるとダンボールでつくった壁にハムスターが通るくらいの穴が開いている。
自分で穴を開けて脱走したらしい。

前回はすぐに見つかったハムスターが今回は見つからない。
どこか遠くに行ってしまったのかな?とか馬鹿なことを考えていたら、床にある穴を発見した。

ケーブルなどを通す穴が開いている。

おそらくこの中に入っているに違いない、と思うが手立てがないのでそのまま放置した。


次の日になってハムスターが発見された。
餌がなくなっておなかがすいて出てきたようだ。

結果として兵糧攻めのようなことになっていたとは。
自業自得といえばそれまでだが・・


創造性や人間力を醸成する方法として

犬などを事務所で飼ってみたいものである。


最近の殺人事件は猟奇的なものも多い。
ばらばら事件多いですよね、

人間性がどんどん失われているような、そんな気がしてならない。

ベンチャー企業も結構スピードが速くストレスがたまることが多い。
仕事環境としてしかめっ面で仕事に向かうのではなく生きている実感が
ありながらいきいきと毎日かけていくことができると幸せである。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:38Comments(1)・・・

2007年01月30日

第83話 ベンチャー起業物語

第83話 ベンチャー起業物語

【ハムスター】 つづき

事件は朝始まった。

なぜかケースに入っているはずのハムスターが事務所内を歩いている。

それをみた前出のメンバーは発狂しそうになりながらも、ハムスターを捕まえてケースに戻したそうである。

なかなか頭を使うハムスターらしく、自分でケースから扉を開けて出てくることが判明した。

早速ケースの周りに壁の囲いを作り逃げ場をなくすことにした。
囲いはダンボールとアルミホイルで結構必死でつくった。

たまに工作じみたことやるのも非日常的で結構楽しいものである。

さすがにこれで逃げないだろう、と安心して事務所を後にした。

つづく


プロフェッショナルのための支援グループ
http://www.j-brain.jp
「一人でも多くの人に生きがいと安定を!」

プロフェッショナルのためのサービス拡充中!
・CーCLASS
http://www.c-class.jp/
CEO、COO、CFO、CTO、CIOなど経営幹部に特化した求人ポータル。
・P-GATE
http://www.p-gate.jp/index.html?jb
経営者から直接会社ビジョンや将来の戦略を聞く選考会会員募集サイト。
・clubCFO
http://www.c-cfo.jp/index.html?jb
CFOのためのポータルサイト。定期的にセミナー開催。
・J-core
http://j-core.net/
建築・不動産業界の転職ポータルサイト。
・『ユニバーサルハンズ』
http://www.uni-hands.net/" target="_blank">http://www.uni-hands.net/
身体障害者のための支援サービス
・『キャリア戦略研究機構』〜ひとに生きがいと安定を!
http://ameblo.jp/careerstrategy/
・『JBRAINS REPORT』
http://blog.livedoor.jp/ryomaproject/?blog_id=1288873
こちらでブログ公開しております

『ブレインズクラブ』
参加希望もしくは興味のおありの方にはブレインズクラブのご案内等いたしますので
http://www.j-brain.jp/brains.html
こちらにエントリーしてください。

Legend of J−BRAIN〜StartUp   
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 05:40Comments(1)・・・

2007年01月29日

第82話 ベンチャー起業物語

第82話 ベンチャー起業物語

【ハムスター】

知り合いがハムスターを飼っていたのだが、飼えなくなったために譲り受ける羽目になってしまった。

よくオラクルなどで犬を事務所内に放しており、コミュニケーションや癒しのひとつとしても活用している例を思い出した。

「いきなり犬だと大変なので、ハムスターを会社で飼うとどうなるかな?」

という軽い気持ちで会社で飼うことにした。

実際にハムスターを飼うと和んだ感じになったりするのを感じた。
仕事以外の共通話題があるとなんとなく会話がスムーズになる。

しばらくするとあることが発覚する。
メンバーの中に小動物がだめ、という決定的な致命的なことが発覚した。
小動物がいるだけで仕事に集中できないという。

小学生時代、自宅でも犬や猫を飼っていた経験もあり、動物は好きなほうである。
 大人になってくると仕事が忙しくなってきて動物と触れ合う時間が
なくなってきたので、どうしても動物を飼うことができない。

海外の論文にも人間と動物との関係という中で、精神や波動を調整する役割があるとか、いわれている。

実験検証的にサービスを開発してきたからにはなんでもトライしてみたいので、しばらくそのまま飼うことになった。

その後とんでもない事件が起こる。



プロフェッショナルのための支援グループ
http://www.j-brain.jp
「一人でも多くの人に生きがいと安定を!」

プロフェッショナルのためのサービス拡充中!
・CーCLASS
http://www.c-class.jp/
CEO、COO、CFO、CTO、CIOなど経営幹部に特化した求人ポータル。
・P-GATE
http://www.p-gate.jp/index.html?jb
経営者から直接会社ビジョンや将来の戦略を聞く選考会会員募集サイト。
・clubCFO
http://www.c-cfo.jp/index.html?jb
CFOのためのポータルサイト。定期的にセミナー開催。
・J-core
http://j-core.net/
建築・不動産業界の転職ポータルサイト。
・『ユニバーサルハンズ』
http://www.uni-hands.net/" target="_blank">http://www.uni-hands.net/
身体障害者のための支援サービス
・『キャリア戦略研究機構』〜ひとに生きがいと安定を!
http://ameblo.jp/careerstrategy/
・『JBRAINS REPORT』
http://blog.livedoor.jp/ryomaproject/?blog_id=1288873
こちらでブログ公開しております

『ブレインズクラブ』
参加希望もしくは興味のおありの方にはブレインズクラブのご案内等いたしますので
http://www.j-brain.jp/brains.html
こちらにエントリーしてください。

Legend of J−BRAIN〜StartUp   
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:34Comments(1)・・・

2007年01月27日

グッチューン倶楽部


グッチューン倶楽部


さる1月24日 第一回グッチューン倶楽部を開催した。

グッチューンとはgood Tuning の略である。

スローガンは、
「経営者が元気に。会社が元気に。
家族が元気に。街が元気。日本が元気に。世界が元気に。」

いままで懇親会に参加して無駄に時間を使ったことありませんか?
普通の懇親会ではあまり意味がない。
意味のある会合を目指してみよう、そう考えました。

当日は100名近くの経営者が参加していただきました。

それぞれ懇親を深め1000万円近くの商談が決まったり、この場の有効性を再確認させていただくことになりました。

今回は第一回として緊張しながらもスタートしましたがまだまだ進化する余地を残しているので、今後要望を追加していく形になると思います。


途中プレゼント会の実施や
エイサー隊の和太鼓の演奏など多少の変化を付け加えさせていただきました。



  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 15:05Comments(0)・・・

2007年01月26日

第81話 ベンチャー起業物語

第81話 ベンチャー起業物語

起業家実践プロジェクト

二日目は持ち寄った材料などで製作に取り掛かる。

午後から企画参画していただいた方々、経営者の方、が消費者になってもらい
各チームが商品説明をしたり、実際にものを売買していく。

全員へのプレゼンテーションを実施したり、さまざまな起業家として
必要とされるスキルをあげるために研修内容も充実させた。

人とのコミュニケーション、相性の問題、スキルのばらつきによるコンフリクト、などなど課題は山積みである。

擬似的に起業家としてのトレーニングをしたわけだが、ただ企画内容がいいだけではメンバー全員が楽しく生き生きとして働くとは限らない。
なぜかチームが険悪になっているところもあった。

二日目はゲストの方に参加していただくことにしている。

いろいろな業界の経営者の方などがかけつけてくれた。

このゲストの方々とコミュニケーションをとりつつ、商品やサービスを売買して売り上げを伸ばしていく。

最終的に会計が会計報告をし実践の売買タイムは終了。

二日間の研修を振り返って感想などいっていただくがそれぞれ一体となって効果が出た研修ということで成果が出たと思う。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 17:06Comments(1)・・・

2007年01月26日

第81話 ベンチャー起業物語

第81話 ベンチャー起業物語

起業家実践プロジェクト

二日目は持ち寄った材料などで製作に取り掛かる。

午後から企画参画していただいた方々、経営者の方、が消費者になってもらい
各チームが商品説明をしたり、実際にものを売買していく。

全員へのプレゼンテーションを実施したり、さまざまな起業家として
必要とされるスキルをあげるために研修内容も充実させた。

人とのコミュニケーション、相性の問題、スキルのばらつきによるコンフリクト、などなど課題は山積みである。

擬似的に起業家としてのトレーニングをしたわけだが、ただ企画内容がいいだけではメンバー全員が楽しく生き生きとして働くとは限らない。
なぜかチームが険悪になっているところもあった。

二日目はゲストの方に参加していただくことにしている。

いろいろな業界の経営者の方などがかけつけてくれた。

このゲストの方々とコミュニケーションをとりつつ、商品やサービスを売買して売り上げを伸ばしていく。

最終的に会計が会計報告をし実践の売買タイムは終了。

二日間の研修を振り返って感想などいっていただくがそれぞれ一体となって効果が出た研修ということで成果が出たと思う。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 10:50Comments(0)・・・

2007年01月26日

第81話 ベンチャー起業物語

第81話 ベンチャー起業物語

起業家実践プロジェクト

二日目は持ち寄った材料などで製作に取り掛かる。

午後から企画参画していただいた方々、経営者の方、が消費者になってもらい
各チームが商品説明をしたり、実際にものを売買していく。

全員へのプレゼンテーションを実施したり、さまざまな起業家として
必要とされるスキルをあげるために研修内容も充実させた。

人とのコミュニケーション、相性の問題、スキルのばらつきによるコンフリクト、などなど課題は山積みである。

擬似的に起業家としてのトレーニングをしたわけだが、ただ企画内容がいいだけではメンバー全員が楽しく生き生きとして働くとは限らない。
なぜかチームが険悪になっているところもあった。

二日目はゲストの方に参加していただくことにしている。

いろいろな業界の経営者の方などがかけつけてくれた。

このゲストの方々とコミュニケーションをとりつつ、商品やサービスを売買して売り上げを伸ばしていく。

最終的に会計が会計報告をし実践の売買タイムは終了。

二日間の研修を振り返って感想などいっていただくがそれぞれ一体となって効果が出た研修ということで成果が出たと思う。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 08:06Comments(0)・・・

2007年01月25日

起業家実践プログラム  第80話 ベンチャー起業物語

第80話 ベンチャー起業物語

起業家実践プログラム  つづき


初日は
早大アジア太平洋研究センターの大江教授に基調講演に続き
平井社長の講演
修行の講演 。

今回の研修の概要などを
セルフウィング

http://www.selfwing.co.jp/
平井社長から話してもらう。

まず参加者20名ほどの中でチームを組んでもらい、それぞれの役割分担をする。
社長、営業、会計など。

まず社名の決定。
簡単に社名って決まらない。
しかし制限時間があるために決めていかなければならない。

半日をかけてどこをターゲットに何をサービスとして提供していくか?など
擬似会社をつくり実践感覚で事業企画を練っていく。
そのチームでどういったサービスや商品を作ったりして収益を上げていくのか検討する。

爆発的に収益を伸ばす方法をかんがえるがなかなかそんな都合のいい企画ができるわけではない。
理想を追求すると結局具体性がなくなってしまって事業どころではない。

理屈と実践を繰り返して議論を重ねていくことで気づきや発見がある。
人が成長するためには刺激が必要。その刺激としては結構十分である。

時間が限られているためにスピードも求められる。
ベンチャー企業の差別化ポイントの一つに「スピード」が上げられる。

自分の経験で、大企業が1週間後に提案するところ、5時間後に提案して取引先を驚かせたこともある。
「期待の裏切り」でインパクトを出す方法。このくらいかなと思われていて、いい意味でもっといい結果を出してしまうとインパクトがある。
明るい中で目の前で懐中電灯で点灯される効果と暗闇の中で点灯されるのとでは結果がぜんぜん違うのはイメージつくと思う。

この日のプログラムも終了時間が迫ってきた。
各チームどうにか方向性が固まりそれぞれの役割を果たすため、この日の業務の整理をしはじめる。

明日の参加までに各チームあらかじめ一人当たりの予算など決めておきこの日の終了後に買出しに行く。


初めて会った人たちとチームを組むことも刺激があったが一日同じ目的に向かって話をしているとなぜか数年来の友人のようになれるので不思議だ。


二日目へつづく。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 08:39Comments(0)・・・

2007年01月24日

第79話 ベンチャー起業物語

第79話 ベンチャー起業物語


起業家実践プロジェクトwithセルフウィング(2003年のことでした)

起業家を輩出するんだ!という意気込みで研修プログラムをつくってみることを考えた。

一番重要なのはやはり「思い」です。
が、実際にやってみると起業家って言うのはテクニックも必要。

セルフウィング(http://www.selfwing.co.jp/)平井社長に相談し、
共同で起業家実践プロジェクトを開催することにした。

対象者をジェイブレインで集め、研修の企画運営を平井社長にお願い
することにする。

早速、候補者集め開始。

起業家に将来なりたい人を集める。
結構これも一苦労でなかなかいるわけではない。

興味はあるがアクションしない人
何ちゃって起業家予備軍
などなど。
誰でも研修対象になるわけではない。

ない知恵を振り絞りながらも候補者を集めた。
対象者もばらばらで、学生、商社出身のビジネスマン、起業経験者、大企業に勤務するビジネスマン、などなど。

起業家実践プログラムの準備が整った。

つづく・・  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 10:54Comments(0)・・・

2007年01月22日

ちょっと一言

ちょっと一言

極論する例

武器がある。
しかし戦う意思がない場合。
敵と対峙してもどんなに相手の武器よりも自分のほうが性能が上でも、戦う意思(やってやる!)が薄ければ隙ができて簡単にやられてしまう。

キーポイントは、

どういきたいかと強く思っていること。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 10:00Comments(1)・・・

2007年01月19日

第78話 ベンチャー起業物語

第78話 ベンチャー起業物語

白樺湖研修続き

研修時の話に戻ります。
参加メンバーの中には他のメンバーが真剣に打ち合わせしているのに眠いので寝ようとしている人もいた。

そんな中で明暗が分かれることになる。

あるチームは全員参加で達成感を感じているチームもあれば、内部崩壊して何も進んでいないチームもあった。
結局はチームリーダーの意識の差だとはっきりと確認することができた。

期待と本人の認識とのづれがおこることがある。
本物のビジネスのレベルを知っていると自分がどのレベルか理解できる。
結局は本物を知ることが必要。最上級のビジネスの現場を知ることが必要、だと思う。

その後ちょっとした事件というか「えっ!?」ということが起こりましたが・・・  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:58Comments(0)・・・

2007年01月19日

第78話 ベンチャー起業物語

第78話 ベンチャー起業物語

白樺湖研修続き

研修時の話に戻ります。
参加メンバーの中には他のメンバーが真剣に打ち合わせしているのに眠いので寝ようとしている人もいた。

そんな中で明暗が分かれることになる。

あるチームは全員参加で達成感を感じているチームもあれば、内部崩壊して何も進んでいないチームもあった。
結局はチームリーダーの意識の差だとはっきりと確認することができた。

期待と本人の認識とのづれがおこることがある。
本物のビジネスのレベルを知っていると自分がどのレベルか理解できる。
結局は本物を知ることが必要。最上級のビジネスの現場を知ることが必要、だと思う。

その後ちょっとした事件というか「えっ!?」ということが起こりましたが・・・  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:57Comments(0)・・・

2007年01月18日

 第77話 ベンチャー起業物語

第77話 ベンチャー起業物語

白樺湖研修 続き

白樺湖研修では自立型組織を目指してのトライアルの意味もあった。
過去の研修と同じでいいこともある。
逆に同じだとまったく意味がないこともある。

・まったく同じだと何も成長していないこと。
・もしくは何も期待していないことになる。

今回の研修はリーダーをより育てていきたい、メンバーの当事者意識の醸成を目的としたので
大枠のルールはつくったが、運営に関してはあまり依存させないようにした。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ёこの研修時に思ったことがあるので忘れないうちに書いておきます。

「リーダーは一番最後」

船長は船が沈むことになったら船と命を共にするか一番最後に逃げる。
決して船員より先に逃げることはない。

リーダーはややもすると自分は一番がんばっているし、睡眠時間も少ないし、死にそうである、だから自分は特別な扱いを受けても妥当であると考える人は多い。

しかしこれではまだまだリーダーとはいえない。
機能型リーダーということは言えるかもしれないが、人身掌握のできる人間力のある一流リーダーとはいえない。

自己犠牲の究極な状態を平然と笑って突破していく強いリーダーになってほしい。
なかなかいませんが。

リーダーに関しての別切り口・・・・
最高のシェフは与えられた食材で最高の仕事をする。
素材集めも大事だが、与えられた素材で最大限のパフォーマンスをあげるのも、ビジネスプロフェッショナルであると考える。

むしろ成長中のリーダーの人は、自分の限界に挑戦する。

・今まで一番最高最大の仕事にチャレンジするか
・いままでよりも少ない人数、未熟なスキルのメンバーで最高の派フォーマンスをあげるか

など小さなキャスティングに一喜一憂することはない。


今後リーダーが気をつけなければならないこと。
それは人とのコミュニケーション。

最近は裕福になってビジネスマンにとって躍動感というかサバイバル感というものがなくなってきた感じがする。

なんでも20代の大企業に勤める人が自殺をしているらしい。

40代以上の人が自殺するのは結果としてもわかるが20代でも増えているらしい。

やはり生きている意味っていうのが希薄になってきているのでしょうか?

インターネットやモバイルでのコミュニケーションだけが先行し、結果として人と人のコミュニケーションは薄いままというのが現状だろう。

五感すべてを駆使してのコミュニケーションをとっていないのが問題のような気がする。
普通当然でしょう、ということに対して「なぜそう思うかわかりません」と悪気もなくこたえてくる、20代があまりにも多い。


やはり直接コミュニケーションができているかどうかは重要である。
もっと直接のコミュニケーションをとりましょう。しかしルールは、待ってはだめで自分からですけど。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 10:45Comments(0)・・・

2007年01月18日

第77話 ベンチャー起業物語

第77話 ベンチャー起業物語

白樺湖研修 続き

白樺湖研修では自立型組織を目指してのトライアルの意味もあった。
過去の研修と同じでいいこともある。
逆に同じだとまったく意味がないこともある。

・まったく同じだと何も成長していないこと。
・もしくは何も期待していないことになる。

今回の研修はリーダーをより育てていきたい、メンバーの当事者意識の
醸成を目的としたので大枠のルールはつくったが、運営に関しては
あまり依存させないようにした。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ёこの研修時に思ったことがあるので忘れないうちに書いておきます。

「リーダーは一番最後」

船長は船が沈むことになったら船と命を共にするか一番最後に逃げる。
決して船員より先に逃げることはない。

リーダーはややもすると自分は一番がんばっているし、睡眠時間も少ないし、死にそうである、だから自分は特別な扱いを受けても妥当であると考える人は多い。

しかしこれではまだまだリーダーとはいえない。
機能型リーダーということは言えるかもしれないが、人身掌握のできる
人間力のある一流リーダーとはいえない。

自己犠牲の究極な状態を平然と笑って突破していく強いリーダーになって
ほしい。
なかなかいませんが。

リーダーに関しての別切り口・・・・
最高のシェフは与えられた食材で最高の仕事をする。
素材集めも大事だが、与えられた素材で最大限のパフォーマンスを
あげるのも、ビジネスプロフェッショナルであると考える。

むしろ成長中のリーダーの人は、自分の限界に挑戦する。

・今まで一番最高最大の仕事にチャレンジするか
・いままでよりも少ない人数、未熟なスキルのメンバーで最高の
パフォーマンスをあげるか

など小さなキャスティングに一喜一憂することはない。


今後リーダーが気をつけなければならないこと。
それは人とのコミュニケーション。

最近は裕福になって躍動感というかサバイバル感というものがなくなってきた感じがする。

なんでも20代の大企業に勤める人が自殺をしているらしい。
40代以上の人が自殺するのは結果としてもわかるが20代でも増えているらしい。

やはり生きている意味っていうのが希薄になってきているのでしょうか?
インターネットやモバイルでのコミュニケーションだけが先行し、結果として人と人のコミュニケーションは薄いままというのが現状だろう。

五感すべてを駆使してのコミュニケーションをとっていないのが問題のような気がする。
普通当然でしょう、ということに対して「なぜそう思うかわかりません」と悪気もなくこたえてくる、20代があまりにも多い。


やはり直接コミュニケーションができているかどうかは重要である。
もっと直接のコミュニケーションをとりましょう。しかしルールは、待ってはだめで自分からですけど。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 08:36Comments(0)・・・

2007年01月17日

経営者クラブ開催〜参加者希望の方いますか?

〜今までの経営者クラブでない実践型経営者会への誘い〜

JB主催の経営者クラブ「グッチューン」を開催致します。

==========================================★
グッチューン倶楽部とは
★==========================================

「経営者が元気に。会社が元気に。
家族が元気に。街が元気。日本が元気に。世界が元気に。」

をスローガンに、弊社の大切なクライアント5000社の経営者様に
ワンランク上の交流の場を開催させて頂きます。

今まで参加してきた懇親会はおそらく講師の方が講演して、その後懇親会で会話する、というスタイルだったかと思います。

本クラブはクライアントの方々や経営者の方々にもっと事業推進の機会を増やすし、国内はもとより海外に展開できるような企業になっていただくための会を目指しています。

今後の事業展開で必要とされるタイアップ企業やコラボレーションを希望される企業や業種の指定をいただけましたら当日引き合わせをしていきます。


当日、担当の弊社スタッフが中心となり参加経営者の方々へアテンドしていきます。

==========================================★
第1回 グッチューン倶楽部開催!!
★==========================================

◆日時   1月24日(水) 18:00〜20:30
◆場所   和田倉噴水公園レストラン
◆住所   〒100-0002 千代田区噴水公演レストラン
◆最寄駅  二重橋前 東京 大手町
◆電話   03−3213−0095(環境省皇居外苑管理事務所)

◆内容  ・年賀名刺交換会
       ・サプライズ講師講演(予定)
       ・元気の出る和太鼓演奏会

◆費用  ・参加費用 → 5万円 
     ・弊社クライアント特別価格 → 1万円
     

===========================================★
     お申し込み方法
★===========================================


---------------お申し込みフォーマット---------------
・御社名
・御役職
・御氏名

◆貴社の今後の展開

◆どのような企業の経営者様とお話されたいですか。

-------------------------------------------------

上記の内容を下記のメールまでお送りください。
shugyo@j-brain.jp


今後の事業展開、どのような企業の経営者様とお話されたいかご記入して頂きますと、
当日、ご希望の経営者様までエスコートさせて頂きます。

当日は、様々な業界の経営者様100名が参加予定でございますので、今後の貴社の事業展開のお力になれると思います。

ご質問等ございましたら下記までお気軽に
お問い合わせください。

shugyo@j-brain.jp

まで参加希望の方はメールください。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 19:17Comments(0)・・・

2007年01月17日

第76話 ベンチャー起業物語

第76話 ベンチャー起業物語

【徹夜の白樺湖研修】(これは2004年10月1日)

白樺湖にバスのチャーターをして泊りがけの研修にいった。
今回は幹部の教育とメンバーの会社ビジョンの共有がテーマ。

2週間前にお題を出している。
「ジェイブレインの将来を考える」

ここにいたる背景は、まず今いるメンバーは経営メンバーとして位置づけたい、そのためには
ただ指示待ちのサラリーマンを育成しても意味はない、と思ったからだ。

自らで考えて行動できるリーダーでなければならない。

少しでもサラリーマン(指示待ちで表面だけ・・)である人はふるい落としていかなければこれから日本を変えていこうとするメンバーとしては足かせになってしまう。
多少無理をしてみようと決めた。

ハードルをあげていかなければ個人の成長はない。

頭も使うし体力も使う最終的には精神力があるチームが残っていくように設計した。

2週間前から各チーム朝まで討論会を重ねていた。

チームによっては3日間徹夜をしていたチームもあった。

この当時のメンバーは自主的にチームを動かしていけたと思う  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:02Comments(1)・・・

2007年01月16日

第75話 ベンチャー起業物語

34998.jpg第75話 ベンチャー起業物語

【平松さんをお迎えして】(2004年3月のころの話です)

続き

この講演の当日も帝国ホテルのなだ万で昼食をご一緒させていただいて直接お話を聞かせていただく機会に恵まれた。

実はこのちょっと前に大分で平松さんとお会いして確か都町のふぐやさんで平松さんを目の前にしてお食事をさせていただいた。

結構緊張したが、
ふぐ酒とふぐの白子の今までこんな食べ物があったのかと一口食べて絶句してしまう経験が自然と緊張をほぐしてくれた。

外資企業の日本参入の軋轢の話など普段聞けない話を聞くことができた。

日本を動かしてきた、守ってきた人から直接話しを聞くことができて自分のやっていることの方向修正などができてためになる。

一村一品運動で最近は世界でも注目されている。
日本⇒九州を中心としたアジア圏のネットワーク構想
など国家観があり実際にそれを実行してきた人だからすんなり話が入ってくる。

そういえばそのときに言葉としていただいたのが

「ヒューマンケミストリー」

アメリカのベンチャー企業経営者と大分でミーティングをしていたそうだ。
是非日本で組んで事業を推進してほしい、という内容。

アメリカの企業なので当然アメリカでビジネスを進めるのが筋。
アメリカ本国でも自国の企業とタイアップをするようにという指導が入ったそうである。

しかしそのアメリカのベンチャー企業経営者は平松さんとの人としての信頼感などが作用し、ついつい平松さんと仕事を進めることに決めたこと、などの話しを聞いた。

聞くことができたから分かった話だが、知らなくて日々すごしたかもしれないと思うと情報のあり方について考えてしまう。

あまりにも情報が氾濫しすぎており、必要とされている情報はみなにいきわたっているのか?

日本を支えてきた人々を簡単に引退させてはいけない、と強く心に誓った。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:29Comments(1)・・・

2007年01月15日

第74話 ベンチャー起業物語

34965.jpg第74話 ベンチャー起業物語

【平松さんをむかえて】(2004年3月)一部


新宿事務所から引越しをして会社祝いとして
元大分県知事の平松さんに講演をしてもらうことになった。

まだまだちっぽけなベンチャー企業にわざわざ会社祝いに来てくださることになった。
「ミスターIT」として経済産業省のお役人として日本の企業を成長支援してきた雲の上の存在の方。

IT企業の経営者にできたら話をしたいので30社くらいの上場前後のIT系企業を中心としてお声がけさせてもらいました。

このようなイベントは初めてなのでやっぱり緊張する。

インターンシップの久本君が習字が達筆ということで、
横断幕の代わりになるものをこしらえたり。
飲み物やお菓子も銀座ならではのものをそろえたり。

当時平松さんは確か80歳。

早速講演という段で、座って話をしてもらうつもりがなかなか座って話をするそぶりも見せない。

話の区切れを見つけて
「平松様、どうぞお座りになって話をしてください。」
とお願いのような、悲鳴に近い言い方で話したところ
「選挙のときもいつも立って話をするから、今日もこのまま立ったままで話をします。」
と。
さすがに一瞬参加している方々の顔が引きつったように見えたのは気のせいでしょうか。

この話はまだ続きます。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 10:24Comments(0)・・・