プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2006年09月11日

人間力・修行的視点


【スジが違う?修行的人間力考察】

成功している人たちに共通の言葉の一つ、「スジを通す」。

例えばある第三者からの情報だったにもかかわらず、紹介されたので勝手にビジネスをすすめることがある。
 しかもこうしてほしいと依頼されていたわけでないので好意で紹介してくれてありがとう、っていう気持ちをもつだけで、はなしをすすめてしまう。
そこから収益が上がってしまったりしても、もともとの情報をくれた人に何も報告しないし、収益も自分だけのものにしてしまう。
事前に「この紹介に関しては両者で勝手にやってくれ」と言葉があれば特に問題はない。

この第三者からの情報があったからこの取引が成り立った、情報をもらうことがなければ何もおこらなかったということ、なので当然に感謝しなければならない。
ここにいたから入手できた情報だった、きっかけは誰からかの紹介だった、とか思うことなく、ついつい自分ががんばったからこの取引結果を生んだと思いがち。
だが、そもそも情報やきっかけがなければ何もおこらなかったことには変わりはない。

すじを通すというのはかかわった第三者がいた場合にそれをないがしろにすることなく、ちゃんと感謝するし、その第三者に判断を任せる必要がある  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 22:56Comments(0)・・・

2006年09月11日

第25話 Legend of J−BRAIN〜StartUp

Legend of J−BRAIN〜StartUp
第25話 ベンチャー起業物語

【事業戦略の修行的方法3〜逆張り】
チャレンジャー戦略の一つとして逆張りがある。
よくこの「逆張り」を使う。
みんながある方向を向き始めていたり、「絶対こうなる」って絶対がついたときは絶対注意するようにします。

自分を自己分析してみて、おそらく根が素直そうに見えて結構、天邪鬼、です。
もしくは自分をいじめていくストイック、もっというとマゾかもしれません。

難しいと思われている、今までみんな失敗しているものっていうのはその常識がブロックしてくれているおかげでなかなか参入することができていない場合が多い。
僕は性格的にみんなが難しい、といっているものや絶対に失敗するから、って言われているのに出会うとワクワクします。それを成し遂げたのは自分だ!と旗を立てることができるから。

日本でマーケティングのプロっていうのはめったに会わない。プロっぽくいる人たちの多くは情報を持っているが自分で考えて結論出している人がすくない。
しかしそういう人に限って、変に影響力があるからみんな惑わされてしまう。
特に日本人は人に影響を受けやすい民族なのだから嘘がまことしやかに伝達されていく。

逆張りで事業構築していくと、やはり時代は山あり谷あり、サイクルがあり循環するため、
面白いものでしばらくすると自分の考えている方へ全体の流れが変わる。
そのときには自分たちしかいないという存在になってしまいます。


プロフェッショナルのための支援グループ
http://www.j-brain.jp
「一人でも多くの人に生きがいと安定を!」  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 10:12Comments(0)・・・

2006年09月11日

第25話 Legend of J−BRAIN〜StartUp

Legend of J−BRAIN〜StartUp
第25話 ベンチャー起業物語

【事業戦略の修行的方法3〜逆張り】
チャレンジャー戦略の一つとして逆張りがある。
よくこの「逆張り」を使う。
みんながある方向を向き始めていたり、「絶対こうなる」って絶対がついたときは絶対注意するようにします。

自分を自己分析してみて、おそらく根が素直そうに見えて結構、天邪鬼、です。
もしくは自分をいじめていくストイック、もっというとマゾかもしれません。

難しいと思われている、今までみんな失敗しているものっていうのはその常識がブロックしてくれているおかげでなかなか参入することができていない場合が多い。
僕は性格的にみんなが難しい、といっているものや絶対に失敗するから、って言われているのに出会うとワクワクします。それを成し遂げたのは自分だ!と旗を立てることができるから。

日本でマーケティングのプロっていうのはめったに会わない。プロっぽくいる人たちの多くは情報を持っているが自分で考えて結論出している人がすくない。
しかしそういう人に限って、変に影響力があるからみんな惑わされてしまう。
特に日本人は人に影響を受けやすい民族なのだから嘘がまことしやかに伝達されていく。

逆張りで事業構築していくと、やはり時代は山あり谷あり、サイクルがあり循環するため、
面白いものでしばらくすると自分の考えている方へ全体の流れが変わる。
そのときには自分たちしかいないという存在になってしまいます。


プロフェッショナルのための支援グループ
http://www.j-brain.jp
「一人でも多くの人に生きがいと安定を!」  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 09:12Comments(0)・・・