プロフィール
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン
株式会社ジェイブレイン代表取締役。http://www.j-brain.jp
リクルートグループ、グッドウィルグループで不動産開発、事業開発、事業展開などを経て現職。
経営者、ビジネスプロフェッショナルのサポート。事業投資、M&A、経営者サーチなど。
約5000社のクライアントに対して経営戦略、事業戦略、人材戦略のコンサルティングとソリューション提供。
学生起業家をはじめとして300人近くの経営者を輩出。
ベンチャー起業において、ファウンダー、役員、メンターとして関わる。
起業家育成学校設立の準備中。
学校運営、教育の実践の場として、
デジタルハリウッド大学准教授としてクライアントマネジメント、起業家心理、新規事業立ち上げなど、講義中。

BusinessWork・・・
「日本を元気に世界を豊かに!」をテーマに
自然保護、農業支援、インターナショナルネットワーク構築、チャレンジャー支援、
ビジネスプロフェッショナル育成の活動。

LifeWork・・・
 「NaturalWorks」
  ひとを自然に
  社会を自然に
  地球を自然に

環境にやさしい商品づくり、雇用創出、新しい働き方提案、地方創生を進める。




著書には『ベンチャー企業で働くということ』(大和書房)『プロフェッショナル・ストラテジー』(しののめ出版)成功の法則(アントレ出版) 

監修:株式公開への道(ダイヤモンド社)著デビッドスミス

執筆:『診療所の開設と運営Q&A』(株式会社じほう)

日本を元気にする言葉
http://calendar.j-brain.jp/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

2006年05月21日

18.5.20 ファシリテーション研修

25377.jpg18.5.20 ファシリテーション研修

5月20日日曜日、休日を返上しての研修。というか世間で言う休日には
必ずも当てはまらないのが新興ベンチャー企業。
要は必要性があるかどうかだ。

JBのカルチャーの一つには「研修」がある。基本的にな参加型、
当事者、成果など夢だけではなくリアリズムを追及して成果を確実
に出せることを考える。

・メンバーのスキルアップ
・一流組織追求
・当事者意識の醸成
・クライアントへのコンサルティング能力アップ
を今回の研修は目的としている。

ファシリテーション(ファシリテーター)はアメリカではCEO,COO,CFO,と並んで
必要とされているポジションでもある。日本で言うと人事幹部?みたいなもの。

13:00〜14:40 顧問で講師の永井先生から「ファシリテーション」についてレクチャー
15:00〜18:00 3チーム(各チーム10名前後)で会のグランドルールを全員で決めた上で
ディスカッション開始。

「営業力の強化、営業目標の達成に向かって」
を題材に研修開始。

3チームそれぞれアプローチが異なる。

教育が課題、たとえばそんな意見が出る。
どんな人に何をどのようなスタイルで・・・もっとつめていかなければならない。

書記である書き手が発言を書けないときがある。それは伝え手側の問題かそれとも書き手側の理解の
問題か。いちいち今まで普通に進んでいたと思い込んでいたものの現実に突き当たる。

ほとんどの会社は問題が発生したときに初めて課内、部内で課題解決のための動きになる。
JR事故、雪印、三菱自動車・・など枚挙に暇がない。
中小企業、ベンチャー企業で問題が山積している企業ばかり。このような研修を定期的に
実施する意味があると感じた。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 18:59Comments(0)・・・

2006年05月20日

グーグル本社訪問

25324.jpg18.5.20 グーグル本社訪問
去る18.5.15シリコンバレー・グーグル本社訪問しました。
社員は結構好き勝手な格好で自転車で出社しております。
昼時に訪問したのでブッフエスタイルのランチが用意されており、リラックスした雰囲気つくりさすがです。ステーキの厚さには感心しました。

グーグルの会社カルチャーへの取り組みは本当にすばらしい。
うわさどおり会社の定着率は相当高そう。
聞いてみると幹部全員がOKを出さないと採用しないらしい。
少しでも違和感があるとOUT。

やはり会社の第一歩は人材だなぁ、と再確認です。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 11:10Comments(0)・・・

2006年05月17日

インドアントレプレナー

18.5.17 インドアントレプレナー

シリコンバレーの採用で困ったことがあるそうだ。
インドの人を採用するときにインドの日本で言う東京大学の
レベルの学校を卒業した人が「自分は10位だった」と勉強は
そこそこできたとアピールするそうである。たいしたものだと感心した。
また別の同じ大学のエンジニアを面接するとまた「自分は10位だった」
という。おかしいなとおもっているとまた同大学のエンジニアを面接した
ところ「自分は10位だった」といったそうだ。
そこで「君の大学は10位は何人いるんだ?」と詰めたそうだ。
そうすると実は嘘でしたと白状したそうだ。
インド人の10位は当てにならない。

一方ベンチャーの世界的に有名なアントレプレナーたちは、当時どこの大学で
何番だったかなどアピールすることはなくフィーリングで「できるやつだな」と思っていると
後からわかったらトップの大学の1位とか2位とかであったという。

やはり能ある鷹は爪を隠すということであるようだ。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 23:38Comments(0)・・・

2006年05月17日

アントレプレナーinシリコンバレー

18.5.12 シリコンバレー企業訪問
アントレプレナーの会合がシリコンバレーであるということで久しぶりに渡米しました。やはりアントレプレナーは世界中の資産のような特殊な存在なのかもしれないなと思わされる事象が多かった。アントレプレーナーと事業家は似て非なるもの、です。  
Posted by 株式会社ジェイブレイン at 17:53Comments(0)・・・